メディカルアロマと占星術と元素論と

アロマやハーブを西洋占星術の象徴に対応させた使い方がありますね

沢山の本が出ていますし、ネットでも占いと合せて今週のアロマ、なんて記事も沢山みますし

簡単に貴方の星座は牡羊座だから、ローズマリーとか

女子力をアップするなら、金星に対応したローズ♡といったようなもの。

また、占星術にマニアックな方はヒポクラテスの四体液質という体質論

から体質を導き出して、対応する精油を選ぶという方法もあります。

4つの気質、 胆汁質/多血質/粘液質/憂鬱質を

エレメントの 火/土/風/水 と  

ホット(温)/コールド(冷)/モイスト(湿)/ドライ(乾)

の組み合わせから導き出します。

私も占星術を学びながら、体の事への興味が一番強かったので

一応は色々学びましたよ。

しかし、私は学べど学べどなかなか腑に落とすことができず。。。

例えば、

ハーブをハーブティーにして水溶性の成分を摂取した場合の薬理作用と、

水蒸気蒸留法で精油にして、その脂溶性成分を湿布するのとでは

薬理作用も違ければ、効果も変わってくるのは成分分析をすれば明らかな事なのです

が、

上記の占星術関連の本の中で、そのような事に触れているわけではありません。

それはそうですよね、ヒポクラテスの時代・・・

古代元素論と植物の対応は

長年の使われてきた経験、経歴からその効果・効能が信じられてきたり

また、植物への深い観察から導いたものでありますが

 

これらは精油の成分分析が出来なかった時代の話。

私達は昔の人が知ることが出来なかった、精油の成分を知ることができ、

精油の『におい分子』の性質がどんなものであるか化学的に理解することが可能な時代です。

そして既に私達の思考は先人の古代の元素論ではなく今の元素論で義務教育を経ているのですから、今更古代元素論で精油を説明されても腑に落ちるわけがないのですね

現代科学をあなどるなかれ。 

 

わざわざ、古代元素論に戻して身体のことや植物の事を学ぼうするのはナンセンス。

それは逆に精油のきちんとした理解を妨げることになります。

これは西洋の四大元素論からの四体液質だけでなく、

東洋の陰陽五行説からの中医学、

インドのトリ・ドーシャ(三体液, 三病素)からのアーユルベーダ医学

などの体質学も同じことが言えると思います

わざわざ、時間とお金をかけてアロマの為に古い体質学を学ばないようにしてくださいね。

 

もちろん、先人達がの積み上げたこれらの経験則に私達は大いに助けられていますし、

先人はどのような考えを持ってその四体液質論を築きあげ、薬草を使いこなそうとしていたのか、その経験則を知りたいのならば、ヒポクラテスの理論を学び、古典占星術の著書、『クリスチャンアストロロジー』で有名なウィリアム・リリーの書や、医薬書をラテン語に訳し一般の人もハーブ療法ができるようにしたニコラス・カルペパーの『コンプリートハーバル』などに学ぶといいのかもしれません

 

が、もし

精油を理論的に深く学びたいのであれば、現代化学に勝るものはありません。

西洋医学はミクロを見過ぎるばかりに全体が見えなくなるという医療の問題に陥りがちなので、

それを非難するばかりに、西洋医学を否定して、身体をホリステック(全体)に診るからという理由だけで、古代元素論へ向かう人がいますが

それは論点が違うと思いませんか?

ミクロを今の化学できちんと押さえながらの今の元素論での全体を見ることができる体質論が必要だということ。

(はい、きました!)

サードメディスン理論はここをしっかり押さえているんですね!

 

サードメディスン理論は、

嗅覚の理解物性の理解から始まります。

それは、私達が義務教育で学んだ、

現代の元素論をより身近に、わかりやすく私達の生活にホリステックに生かす事につながります。

きちんとミクロも見るから、精油の使い方に迷いがなくなりますよ。

 

もし今アロマを学びたい、生活の中でより効果的に使いたい、

また、自分のホロスコープに合ったアロマは何?と

本の説明の通りに、星に対応している精油を使っているけれど、

理屈はわからず、なんとなくモヤモヤしたままで・・・と感じている方は

是非サードメディスン理論を学んで欲しいです

そして、精油の物性をきちんと理解するということが

人のあり方を理解する事にもつながるので、

いろんな場面で応用することが出来るようになりますし、

人の理解を深めたり、また占星術の世界を深めたいならば、象徴を豊かに広げていくことは間違いないでしょう。

そして、人に説明するときに、象徴言語を使うのではなく

全ての人が義務教育で学んだ、元素論に従って説明できる、というのが

サードメディスン理論の素晴らしいところです。

現代の魔女になりたいなら、サードメディスン必修ですな

 

久しぶりに本気で語ってみました

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

 

アロマでわかる男の本音、女の本音!

昨日、『カルチャーライブ』という小学館でやっていますカルチャースクールにて

サードメディスン理論を発明しました軍場先生の講座がありました!

ほぼ追っかけのようですが、私も参加

アロマでわかる男の本音、女の本音

~魅力UP!のアロマテラピー講座~

サードメディスン・チェックは8本の香りを使いますが

今回の講座では4本の簡易バージョンでした。

上記のは私のこの時の好みの順番。 カモーン男性ホルモン!な状態w

エクステンド・オイルのミニチュアボトル、可愛い♡

ちなみにエクステンド・オイルはこちら↓

『カレボーテ』エクステンド・オイルのご紹介♡

講座は、関係性に絞った、蠍座木星にばっちしなテーマでした!

モテる為には○○をすべき!などのハウツー情報は沢山ありますが

まずは自分を知ることから始める!のがサードメディスン。

自分の偏り、には意外に自分で気づかないものですが、

人は他者の偏りには敏感なものだったりします。

特に、親密な関係になればなるほど相手の性格的な偏りは気になりますし

言葉には出さずとも、悩みの元だったりしますよね

人の偏りは変えられませんが、自分の偏りに気付いて、変えることはできるのがサードメディスン。

 

セミナーの中で紹介もありましたが、10年以上付き合った彼と、

自分のバランスが整ったら、彼からプロポーズされて結婚したというお話。

何が変わった、と説明できないけれど

自分が整うと、それは相手に自然と伝わるんですね。

自分の本質が発揮できるということ。

 

占星術のホロスコープで例えるならば、

自分の月・水星・金星・太陽・火星がきちんと必要に応じて能力発揮できるようになるということ。

相手を追いかけ(火星)、魅了し(金星)、コミュニケーションする(水星)力ももちろんですが、

自分の感情(月)を豊かにし、かと言って自分の感情ばかりに執着しないで、

理論的に考えることも出来て(水星)、かと言って凝り固まった自分の考えに固執せず

相手の気持ちを汲みながらも、関係を楽しむ力(金星)、かと言って疲れるほど合わせ過ぎず

関係の中で上手に自分を主張しながら(火星)、

自分に自信を持って(太陽)、

積極的に関係を育む力(月)

なんでもない、これらのこと、

密な関係になればなるほど、そういったことが大事になってきますが、

意外に難しかったりします。

 

自分ではなかなか自分の偏りに気付かないもの。

サードメディスンでバランスが整うと、それらがバランスよく自分らしく発揮できるようになるんです!

おそらく、身近な相手はそれに気づいてくれるのだと思います。

自分の本質の力が発揮される。

 

木星も蠍座に入りましたからねー

人との関係性を深めるチャンスですヨ!

 

よい方向に深められるかはあなた次第、

まずは、サードメディスンで自分を知ることから始めてみませんか?

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

 

 

 

サードメディスン・インストラクター講座

今日と明日はサードメディスンインストラクター講座にスタッフとして参加。
二度目の受講ですが、講座も進化していてがっつりいい勉強になります。
1人でやってると色々悶々としちゃうこともあるので、他のインストラクターさんと会えるのも嬉しいですね❤
色々刺激になって、ますます勉強頑張らねば!と思いました
明日も楽しみだぁー
 

雑誌「セラピスト」にサードメディスン理論が掲載

サードメディスン理論が掲載されました!

 

5ページに渡って、結構詳しく載っています
気になる方必見です。

原子論に基づいているサードメディスン理論!
4大元素論
ヒポクラテスの体液論
アーユルヴェーダ
陰陽五行経

も凌駕する!?
言ってしまいましたねぇ

セラピストさんは勿論ですが
体系論を学ぶの好きな方も
興奮の渦ですよ。

私は興奮しました。

読みたい方、雑誌を買うのもありですが

私のところへサードメディスン・チェックしに来てもらっても読めます(笑)

サードメディスンインストラクター試験の合格♪

やっと届きました!合格通知!

実は通知が届く前に、先日ボランティアスタッフとして講座に参加した時に結果を先生から教えていただいておりました。
でもやはりこうして合格通知が届くと改めて嬉しい!
2度嬉しい♪♪

試験も2度目の挑戦でしたので、本当よかった、よかったーほっとしたー♪

うれしい認定書とバッチ。
額縁に入れるかなー? 

[peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-U7ZBGqXRGwE/WARL7GbKlfI/AAAAAAAABFU/TccduRMOcm8oU24XxyGHOEYpFn3E_5a3QCCo/s144-o/IMG_0543.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/100070972159603449785/6342277653954402609#6342277653953418738″ caption=”” type=”image” alt=”IMG_0543.JPG” image_size=”2048×2048″ ]

 
ということで!

晴れてサードメディスン認定インストラクターになりまして
「サードメディスン・プロジェクト入門講座」を開講することが可能になりました!

この講座『入門講座』なんですが、いわゆる入門講座と言いがたいかなり深い内容になっております。

アロマテラピーをこれから「ちゃんと」始めたい方はもちろん
既に勉強している方にも目にウロコな情報が満載です。

世間には沢山のアロマ本が出回っておりますし
アロマと称した精油がピンからキリまで沢山出回っているので、軽く始められるアロマテラピーですが、軽い気持ちで適当に使ってるとトラブルの元です。自分もそうでした。
良かれと思って使ってたら、蕁麻疹が出て。
怖くて使えなくなった時がありました。
きちんと学んでからは、一度もトラブルなく使えていますし、色々活用出来るようになると、一石二鳥なこと沢山で植物の素晴らしさを日々実感です。
今では何故あの時蕁麻疹が出たのかもわかります。

この入門講座の教科書では
本当のところどうなの!ってところをしっかりと根拠をもって
お伝えできる内容で、効果の視点からまとめられた精油辞典もついており、
ご自身やご家庭の中でアロマのバイブルとなること間違いなし!

内容はこんな感じ

1部:初めてでも使えるメディカルアロマ
・精油の品格
・精油の原液塗布、飲用について
・薬機法とアロマテラピー
・メディカルアロマの裏ワザ

2部:間違いだらけのアロマテラピー
・アロマ情報の読み解き方
・精油の本当の使い方
・メディカルアロマに適した精油10種類

3部:プロも知らないメディカルアロマ
・本当は対症療法のアロマテラピー
・体質って何?
・嗅覚から読み解く整体情報
・今日の自分に合った精油の選び方、使う時間、使う場所

~~

まだ開講の準備してないですが・・・

近いうちに第一期生徒さま募集を目標に準備します

サードメディスンチェックのセッションは現在も受け付けております!(空きは9月12日以降の土日~調整可能)
ご興味ある方はホームページご覧くださいませ。

今の私のバランスはこんな感じ。
「今の」と言っても、もうしばらく基本的にずっとこんな感じなのですが・・・

 

通称『今を生きるイタリア人』タイプ。
このタイプの悪い癖として

神経使えてない、自分ではなく習慣が仕事をしている、惰性で働いている、、、

はい。
まったくもってその通りでございまして
今朝もいつもと違うカバンに変えたら、大事なものを忘れて家⇒会社を往復しました・・・

習慣から逸脱!

今の私の課題です。

みなさんの課題はなんでしょうか?

サードメディスンチェックの結果から課題をみつけるのもありですよ。