今と昔の森羅万象と化学

嗅覚反応分析士トレーナーのちえむらです。

桜が満開の3月末。

通勤路の桜並木。寿命が近づいている木が多く

今年の夏に安全性の観点から伐採される予定になっている木にそのお知らせが貼ってありました。

今年で最後と思うととても悲しいですが、今まで楽しませてくれてありがとう、と感謝しながら通勤している日々です。

ここだけ、花の色が濃いところを発見。

最近、昔の平均寿命というのを調べたのですが、
古代ギリシャの時代の平均寿命は女性35才、男性44歳だそうです。
平均寿命が40代を超えるのは、どこの国でも現代になってからのようでした。

⁡人間は科学の知識を進歩させて、顕微鏡が出来て、ミクロの世界を観れるようになり、物質の性質を知り、疫病の正体を知り、衛生環境を良くし、栄養基準を設け、医療技術を上げて長寿を可能にしてきた。まさにそれらの総合努力の結晶ですよね。改めて人間て凄いなぁ、と思ってしまいました。

まぁ戦争などで亡くなる方が多かった時代背景などを考慮したとしても
40も過ぎれば、加齢と共に何かしら身体が衰えに向かい、日々のケアがより必要になってくるのは当然ですね。

ミクロの世界が見えなかった時代には、病気が何かわからなかったからこそ病気になる人とならない人の違いを、体質から考慮していた。逆に言えば、それしか方法がなかったから、身体をホリスティック(体系的)な方法で観察して体質を考慮することがより大事だったとも言えます。


東洋では陰陽五行論

インドではアーユルベーダのトリドーシャ

西洋ではヒポクラテスの四体液説

このように「物質の性質」を分類を「火・水・土(地)・金(風)」などの「想像上の元素」にあてはめて物質の原理を考えていた。

私は化学は難しくて、苦手だったのですが、こうゆう森羅万象の仕組みみたいなものが昔から大好きで、なぜだろう?とハマって勉強していたので結構詳しいのです。

今でこそ伝統療法や占いという形でその原理が利用されてますが、昔はそれが全ての森羅万象の捉え方であったわけで

現代の医療では人の身体をホリスティックに見るより、病気をミクロに見る方に重向が置かれていますので、各検査数値が何より重要で、ホリスティックに身体を考慮することがされていません。

今の時代になってもまだ伝統療法が求められるのは、その違いにありますね。
もし今の化学をベースにした医療で人の体質を考慮した処方が行うことが出来たなら、どんなに効果的で、薬害や不必要な治療を減らすことなるだろう、と。

化学をベースにした体質論。
絶対に必要じゃないですか?

ここで嗅覚反応分析のIMチェックが登場です。
香りの化学分類から展開したIMチャートがとってもわかりやすく、私たちの状態や気質、そしてなにをしたらいいかを示してくれています。


IMチャートからの体質考慮と
化学的分類への関連性を学ぶことは
まさにそのミクロが得意な現代医学にて
体質考慮する事に繋がる事と思ってます。

まずはその化学的概念を!
しっかりと学ぶ

今回の化学リテラシーを高める会主催

『マトリクスと化学』では
化学の知識を総動員して
マトリクスを解説いたします!

縦軸プラスとマイナス
横軸の極性について化学的に掘り下げます!

今回この講座を作成していて思うのは
これは過去の賢人達へのチャレンジだなーと。
化学リテラシーを高める会!
ここにチャレンジしていきますよー

『マトリクスと化学①②』

お申込みの最終締め切りは4月6日(水)迄!
(お支払い完了で申込みとなります)



嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

嗅覚反応分析って何?って方はこちらから

嗅覚反応分析のIMチェックを受けてみたい!という方はこちらから

嗅覚反応分析を学んでみたい!という方はこちらから

身体の化学講座を開催してます

タバコから学ぶこと

嗅覚反応分析士トレーナーのちえむらです

昨日、健康包括支援協会の理事の軍場先生が受動喫煙による死亡率の記事をtwitterで上げているのを読んで、びっくり。

受動喫煙で年間1万5千人が亡くなられているんですってよ!


受動喫煙は本当嫌ですね。

ということで、今回は「煙草」について改めて。

ハーブとしてのタバコ

タバコは「体に悪いもの」で、「植物」ってイメージはないかもしれませんが

タバコも植物です。ハーブですね。

タバコの葉は全草にニコチンを蓄積していて,昆虫など外敵からの食害を受けると植物ホルモンであるジャスモン酸を介してニコチンの生産をより誘導するそうです。

ニコチンは強い毒性を示すため,外敵への防御に重要な役割を果たしているんですね。

タバコの歴史と今と

古代マヤ文明の人たちが吸っていたのが最初だそうで
15世紀の終わりにコロンブスによりアメリカ大陸が発見され、インディアンが吸っていたタバコをヨーロッパに持ち帰り、急速に広まったようです。

日本には16世紀半ばにポルトガル人が種子島に現れ、九州を中心に南蛮貿易が展開された際に鉄砲やキリスト教と共にタバコも輸入され、江戸時代には喫煙習慣が広まったそうです。

明治以降は、日本政府は国家収入を増やす目的で、タバコの製造販売を「国営」にして、税を徴収する手段となり。国が喫煙を奨励したことにより、昭和40年頃には男性の喫煙率が80%を超えるという事態になったと。

タバコのニコチンは、脳内のドーパミン系を活性化して、ストレス軽減や快情動に貢献し、これがタバコの中毒性と繋がりやめられなくなる。そう考えると、タバコが高度成長期の男性の労働力の助けになっていたかもしれませんね

財務省はまだ「日本たばこ産業株式会社 JT」の株を33.35%保有しているようですよ。
日本の禁煙運動の動きが遅かった理由ですかね

国民の健康と国家の利益が天秤にかけられるのは昔も今も変わらない!?!?

タバコから学べる事

ということで、何を一番伝えたかったかというとですね

タバコの三大有害と言えば、

■ニコチン ■タール ■一酸化炭素

中毒性の強さに加えて、発がん性物質の多さや、血管を収縮し酸素の運搬を阻害し、動脈硬化の促進

辞めたことに越したことはないですが

タバコには「癒し」という側面も持っているのも確かです。

それと同じで、アロマも天然植物成分だからと言って、

全て安全で体にプラスにだけ働くということではないということ。

プラスに強く働くものには、必ずそこにマイナスの作用があるということ

一時的に自分にとって癒しや、治癒に働いたとしても
長きに渡り使用して大丈夫なのかどうか?

中毒性や副作用などはないだろうか?

学びが大事になります

薬と毒のことわざ

よく言われることわざですが

『薬も過ぎれば毒となる』

『薬人を殺さず薬師人を殺す』 

 ⇒ 薬によって人が死んだとしても、罪はその薬にあるのではなく、それを調合したり、飲むようにすすめた医者にある。薬は使いようが大切で、使う人によって毒にも薬にもなる

反対に『毒にも薬にもならぬ』

このことわざは、セルフケアでアロマや植物療法を実践する人にとって、すごく大事なことだなぁと思っています。

「今の自分に合っているか?」
「このまま使い続けるべきか?」

を知ることは永遠のテーマなのではないでしょうか?

まずは自分を知ることからはじめよう

ということで、そんなセルフケアに味方になるツールとして

今の自分を俯瞰できる、「嗅覚反応分析」があります


嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

嗅覚反応分析って何?って方はこちらから

嗅覚反応分析のIMチェックを受けてみたい!という方はこちらから

嗅覚反応分析を学んでみたい!という方はこちらから

身体の化学講座を開催してます

【募集】2021年4月18日(日)1日でアロマの基本を学べる・嗅覚反応分析士入門講座

嗅覚反応分析士トレーナーのちえむらです。

嗅覚反応分析士としてカウンセリングをチェックセッションや講座内でやっておりますが

最近は特に、このコロナ禍での生活の影響が慢性的な不調として訴える人が増えているなぁと感じてます

特に私が接する機会が多いからか、コロナ禍で在宅勤務に変わった方

今まで特に意識せず通勤の為に駅まで歩いていたほんの5~10分までのウォーキング

また駅の階段の上り下り、そして社内での移動

また、人の視線を受けるという無意識の緊張感もなくなり

満員電車のストレスは減ったものの、、

その日々のなんてことない変化が!

ちりも積もれば山となる・・・なんか調子悪い・・・

意識せずにやっている、日々の生活習慣の変化の影響が

今になってすごく浮き彫りになっている気がします

嗅覚は正直です。

IMチェックをすると明らかに!その状態を示してくれます。

自分の傾向を知って、自ら適切にコントロールできる力を持つって、とても大事です

こんな時、味方になる、自分の状態を知るツールと、知って対処するセルフケアの力。

その入り口となる、嗅覚反応分析士入門講座!

アロマの香りも「なんとなく」な感じだけれど

私たちの気分や体の状態にささやかに影響してくれて

自分に合った使い方をすれば、とても恩恵を受けることができます

それを学ぶのがアロマテラピー。なんですが

嗅覚反応分析はいわゆる一般的な「アロマテラピー」のようでいて、通常のアロマテラピーとは違う!

でも分類するとしたらアロマテラピー教室に分類するしかないよなぁ、というのがもどかしいところ!

普通のアロマテラピーと一体何が違うの?

その答えは

分析するツールとしてアロマを使うけど、分析の後の対策はアロマに限らず。

「ハラハラドキドキするドラマを観る!」というのもセラピーの一つとして分類されています。

その結果に至るまでの分析技術を学ぶのが嗅覚反応分析士の学びになります。

アロマから分析するので、それをロジカルアロマテラピーと呼んでいます。

考えてみれば、ロジカルアロマ、というよりも アロマロジックが正しいかも??

アロマ=香りの化学ですので
香りロジック健康法とでも言えるかなぁ

でも、難しい化学的ロジックに結論をつけるんじゃなくて、
身近な普段の誰でもできる生活の中に落とし込むのが嗅覚反応分析のいいところ。

嗅覚反応分析の新しい学びを、4月から始めてみませんか?

4月は久しぶりに1日集中講座やります!

4月18日(日)10-17時

教室での受講は2名様まで先着順で
オンライン受講も同時募集します

オンライン受講の方は教材の送料無料キャンペーン中です



他の時間希望という方や、マンツーマンが良い!という方はご相談ください

【木曜夜開催】嗅覚反応分析士基礎講座

2021年4月18日 木曜夜スタート! 

平日夜に2時間づつ学ぶ・嗅覚反応分析士基礎講座

毎週木曜夜 19時20分~21時20分 2時間×6回 計12時間

平日夜に開催いたします

オンライン受講、または

教室での対面受講も1名様のみ先着で可能です

なかなか忙しくて時間が作れない方
夜の時間なら・・・と
頑張るあなたに♡

私も一緒に頑張りますよ~!!

忙しい人ほど、自分のケアする時間がない・・・
日々のその頑張りが、実は自分にとってのマイナスだった、
なんてことにならないように
IMチェックで日々の一つ一つの選択を
自分に合ったものにしてゆきましょう♡

受講中の1週間の合間に
アドバイスしたことを色々実践してもらいます!
6週間伴走いたしますので♡

基礎講座の詳細はこちらをクリックしてね

スケジュール

① 4/15(木)19:20-21:20

② 4/22(木) 19:20-21:20

③ 4/29(祝) 19:20-21:20

④ 5/6(木) 19:20-21:20

⑤ 5/13(木) 19:20-21:20

⑥ 5/20(木) 19:20-21:20

29日(祝)がダメな方は 27(火)夜に別途開催いたします
その他もこの日だけダメだわ~とかありましたら別日調整いたしますので
ご気軽にご相談ください

入門講座止まりの方!自分でIMチェックが出来るようになりたい方!

■ 嗅覚反応分析士基礎講座 ¥120,340(税込)

※オンライン受講の方の教材送料は無料キャンペーン中です!

【受付締切日】

オンライン受講の方 4/6(火)締切日
教室受講の方は 4/12(月)締切日


(※締切日までに支払いの完了をお願いいたします)

GWを挟んでおりますので、この日だけ都合が悪いなどありましたら
別日に調整可能ですのでご気軽にご相談ください


再受講で復習したい方・試験対策にもどうぞ♡

■【再受講】嗅覚反応分析士基礎講座 ¥22,000(税込)


■インストラクター以上の方も再受講

紹介キャンペーンありますよ♪ ←お問い合わせください

上記の時間以外をご希望の方は

ご気軽にご相談ください

【木曜夜開催】嗅覚反応分析士基礎講座

2021年2月18日 木曜夜スタート! 

平日夜に2時間づつ学ぶ・嗅覚反応分析士基礎講座

毎週木曜夜 19時~21時 2時間×6回 計12時間

平日夜に開催いたします

オンライン受講、

教室での対面受講も1名様のみ先着で可能です

基礎講座の詳細はこちらをクリックしてね

スケジュール

① 2/18(木)19-21時

② 2/25(木)19-21時

③ 3/4(木)19-21時

④ 3/11(木)19-21時

⑤ 3/18(木)19-21時

⑥ 3/25(木)19-21時

入門講座止まりの方!自分でIMチェックが出来るようになりたい方!

■ 嗅覚反応分析士基礎講座 ¥120,340(税込)


再受講で復習したい方・試験対策にもウェルカムです♡

■【再受講】嗅覚反応分析士基礎講座 ¥22,000(税込)


■インストラクター以上の方も再受講

紹介キャンペーンありますよ♪ ←お問い合わせください

上記の時間以外をご希望の方は

ご気軽にご相談ください

嗅覚反応分析が総務省のプログラム【異能(Inno)vation】の『ジェネレーションアワード部門』にて受賞しました!

特大ニュース!!!!

総務省が主催する『異能(Inno) vationプログラム』

ICT分野(Information and Communication Technology「情報通信技術」) において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援する

異能(Inno)vation のページより

その2020「ジェネレーションアワード部門」で、なんと16,464件の中から223件ノミネートへ、そして最終受賞が本日決まったそうです!!

嗅覚反応分析が地球規模の展開になる日も近い!?


「香りの好みを利用したストレスチェックと健康管理法」というテーマで受賞したそうです。

実は去年は『破壊的な挑戦』部門で、挑戦課題は「嗅覚を利用して性格を導き出す」で1301件の中から最終選考にノミネートされましたが、惜しくも受賞にならず。

今回のテーマの方が社会のニーズに合っている!ということでしょうか?

<「異能(Inno)vation」プログラム公式サイト>

2020年度「異能ジェネレーションアワード」受賞者発表

嗅覚反応分析の理論は、選ばれるだけの価値がある!

と思っているので、ようやくスタートに立てたような気分です♪

嗅覚のこと

反応する脳のこと、身体のホメオスタシスや自然治癒力のこと

香り、アロマテラピー(化学)のことと

そして人の気質のこと

身体のこと、食生活の事

周囲の環境からどのように影響を受けるのかということ

それぞれ違う分野でバラバラになりがちな難しい物事を嗅覚反応分析を通すと関連、繋がりが見えてくる。

嗅覚反応分析のIMチャートに落とし込むと、本当すっきり整理俯瞰できますし、思考ツールとして使えるところ

なので、これがもっと沢山の人が使えるようになってもらいたいですし、そうなるための挑戦なんだと思っています。

いったいどんな風に地球規模になってゆくのか、ドキドキですね!

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

嗅覚反応分析・行動変容部ー料理専科!? 右下伸ばしの効果検証はじめます

嗅覚反応分析・行動変容部
東京令和TORIO
部活第一弾!

土曜日にようやく昨日スタートを切りました‼️

『分子栄養学から体を読み解くシリーズ!右下編』
zoomにご参加の皆様、ありがとうございました☺️💕

初めての企画ということもあり、反省点も多々ありつつ

皆さんからのアンケートを
噛みしめながら読んでいます!
今後も試行錯誤しながら良い部活にしていけたらと、心改まる今日。

ところで!
肝腎カナメの右下!
栄養素の視点からもカナメ度が高い!
まずは右下なければ、始まらない!

私も右下伸ばさないとーーー!!!

という事で、
行動変容部は学ぶだけじゃなく!
皆さんも食事で右下伸ばし!
の効果検証に参加しませんか?

 

 

鎮咳作用といえばジンジャー精油

嗅覚反応分析士トレーナーのちえむらです

 

長続きしそうなコロナ対策ですが

皆さんコロナ鬱になっていませんかー?

病は気からと言ったりしますしね

嗅覚反応分析的にも、鬱傾向が強まるほど、呼吸器系のトラブルも多くなる傾向ですので

ここはまず、気分から改善を!ということで大いに香りの出番。

 

最近、調香のお勉強をしていまして

コロナ対策的にも呼吸器系の炎症を抑えるのに効きそうな精油のブレンドを考えているのですが

個人的には、鎮咳作用には欠かせないのがこちらの精油

ジンジャー! ジンジャー! 生姜!

えー、いつも生姜焼き大好きで食べてるし、わざわざ精油でも摂るの?って思ってしまいがちな、精油としてはあまり人気度の高い精油精油ではありませんが。

でもねーやっぱり侮れないのですよ、生姜。

手元にある3ブランドの精油、同じ学名の植物、Zingiber officinalis ですが

こんなに違うのー!!

ってぐらい違う香りなんです

PranaromとOlfact Labのジンジャーは同じマダガスカル産の水蒸気蒸留法なのに

全然違う香り。

Pranaromのジンジャーはいかにも生姜の香りが漂います。高いトーンですりおろしの時のツーンとしたような感じ。

Olfact Labのジンジャーは、とてもキツい香り。ちょっと眉間に皺を寄せてしまう薬っぽいというか。良薬口に苦しな感じである意味、効きそうな香りがします。笑

一十八日の生姜は日本産で、めちゃいい匂い~♡ レモン様の香りの後にさっぱりとしたジンジャーの香りが漂います。あまりツーンとした感じもなく針葉樹っぽさもあり爽やか。

イメージはこんな感じ 笑

嗅ぎ比べると、日本のジンジャーめちゃいい香りやん♡ ってなります

成分表がプラナロムのしかないので香りの違いと共に分析できないのが残念です。

って、香ってるだけで気分が生姜焼きになってしまったので
明日は朝から生姜焼きするぞー笑

はい、生姜には健胃作用もあるので、食欲も上がってしまいますね(笑

GW中も郵送チェック&オンラインカウンセリング受け付けてます
【アロマプラス】コースなら、コロナ対策用ブレンド精油もお作りしてますよ

ご気軽にお問い合わせください♡

 

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ


嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ


チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ


チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

 

 

【分子栄養学から読み解くシリーズ!右下臓器との関係】嗅覚反応分析士スキルアップセミナー

嗅覚反応分析・行動変容部 東京令和TORIO 立ち上げ

部活・第1弾!

嗅覚反応分析士さん向け スキルアップ・セミナー!

分子栄養学の先生をZoomにお呼びして、

分子栄養学からIMチャートを読み解く!シリーズ、スタートします♪

まずは右下から!!

『分子栄養学から読み解く右下臓器との関係を知る』

私たちの身体は全て栄養素で作られています。

細胞の新陳代謝とともに私たちの食生活が爪や髪、血液や筋肉、内臓や骨まで影響しています。

栄養の偏りや体質に合わない食生活は体調不良や病気の原因にも。

この講座シリーズでは、IMチャートを通して内臓の機能を学び、その臓器と関連する栄養素について学んでいただきます。

今回は右下に属する栄養素がどのように吸収され、どのように体を作っているのか、そして右下にアプローチする機能向上メニューをご紹介し、食事からの対策も併せてアドバイスする事ができるようになるためのスキルアップセミナーです

嗅覚反応分析士応用講座を修了した方なら誰でも参加できます!

右下を伸ばすための、簡単で栄養たっぷりのレシピもご紹介いたしますよ♪

================
☆ こんな方におススメ ☆
================

  • 食事からの改善方法をしっかり学びたい
  • 栄養素と食事が結びつかない
  • クライアントさんへのアドバイスが単調
  • 栄養学を1から学ぶのは大変
  • 栄養素と臓器の関係性をより深く学びたい
  • 右下がなかなか伸びない
  • 嗅覚反応分析の情報をアップデートしたい
  • 嗅覚反応分析士同士の横のつながりをもっと持ちたい
  • コロナ自粛で家で有意義に過ごせる方法を探している
  • 右上の知的欲求を満たしたい
  • お料理をもっと楽しみたい

=================

【講師プロフィール】

菊地美香

妊娠力アップ食の専門家

貧血だから鉄分を、血圧が高いから塩分控えて…などの
対処療法的な食事指導に疑問を持ち、人が本来持っている身体の機能を高め、健康な身体作りをするために、整合分子栄養学オーソモレキュラー療法をベースにした安心で安全な食事法を述べ500人以上の方に提供。

『今日からの食事で未来が変えられる』をテーマに
独自のノウハウを活かして、今よりもっと美しくなりたい婚活中の女性や、妊活中の女性とご家族を中心にサポート中

【妊活プログラム】恋するホルモンを作って妊娠力を上げる
【女性の魅力アッププログラム】 今日からの食事でなりたい自分で生きていく!見つめられるほど美しくなる食事法

【資格】
栄養士
オーソモレキュラー ニュートリション プロフェッショナル
健康増進師
メディカルアロマアドバイザー
世田谷区認定講師


【開催日時】 6月6日(土)

13:00~16:15

  • 13:00~15:30
  • 休憩15分
  • 15:45〜16:45 (座談会)

【会場】 オンラインセミナー ZOOMにて開催 (参加人数20名限定)


【受講料】

♦ ¥8,800(税込)のところ → 今回はコロナ自粛応援割引 ¥7,700(税込)

♦ 井谷・小板・村井トレーナーのスクール生割引 ¥6,600(税込) ※5/5(火)迄お申し込みの方

【支払い方法】銀行振込み 又は クレジットカード(VISA/Mastercard/AMEX)

5%還元も対応してます

 


【お申込み方法】

以下のフォームよりお申込みください

ご予約確定には、お申込み日から7日以内にお支払いください。

5月30日以降にお申し込みの方は6月4日迄にお支払いをお済ませくださいますようお願いいたします。

※ご入金後、やむおえない理由で参加ができなくなった場合には、その旨をご連絡下さい。次回のセミナーへ振替可とします。返金はいたしておりませんのでご了承ください。無断キャンセル(不参加)の場合は振替は対応しておりません。当日でも講座開始1時間前迄にご連絡下さい。何卒ご理解くださいますよう宜しくお願いいたします。

****【今後の予定】****

次回は7月18日(土)予定「分子栄養学から読み解く左下臓器との関係を知るセミナー」です

シリーズで左下、左上、右上の栄養素と臓器の関係を知るセミナーと続きます!

セミナーのお申し込みはこちら

セミナーのお申し込みはこちら


嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

嗅覚反応分析って何?って方はこちらから

嗅覚反応分析とは

チェックを受けたい!って方は

嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

嗅覚反応分析士トレーナー認定試験に合格いたしました

大きな紫の封筒が届いた!!

ここ数年、私にとって大きな目標でありました
嗅覚反応分析士トレーナ認定試験
本日、ようやく合格通知をいただきました‼️

副業という立場で限られる時間の中で
畑をやりながら、レポート作成に追われ・・・

そんなハードなスケジュールで鞭打ってこれたのも
嗅覚反応分析という自己管理ツールがあったからこそでもあり

心折れそうになりながらも
めげずにここまで来れたのは
試験対策に一緒にzoomで口述練習したり
日々問題出し合いっこして励まし合えた仲間がいたことで、それが刺激にもなり学びに集中することができて、本当に恵まれていたと感謝です

令和元年合格チーム!万歳!

そしてこれからも
嗅覚反応分析の良さを正しく、楽しく!

もっとお伝えして行けるように、また多くの方にお役に立てるように!
今後も精進に励みます!

どうぞ皆さまからご指導ご鞭撻をいただきながら
これからの嗅覚反応分析士トレーナーちえむら
を宜しくお願いします♡(^^)♡

読み込みました、嗅覚反応分析・入門・基礎・応用・インストラクター・トレーナーのテキスト達

年明け、令和2年には新たに嗅覚反応分析士基礎講座を開講できるよう、準備をすすめてまいります

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ