ドーパミンのしわざ。意欲と依存の境界線について

嗅覚反応分析士トレーナーのちえむらです

久しぶりにブログ更新です

今日は意欲と依存の境界線について

つい昨日、お客様と嗅覚反応分析の相談を通してお話していたテーマでありました。

化学リテラシーを高める会でもドーパミンが少し話題にもなりましたが
一度テーマにあがると、自分が色んな所で気付きやすくなるのか、
神の思し召しか、不思議と色んな所で繰り返し同じテーマがあがってくることがよくあります。

伝書鳩が飛んできてくれるんですね。

なので、私も誰かにとっての伝書鳩になれるように!という思いで書き綴っています。

依存症について

一言に「依存」と言っても色々あると思いますが

『依存症』といえば

物質依存: 薬物依存、アルコール依存、ニコチン依存、食物依存など
行為(過程)依存: ギャンブル依存、セックス依存、買い物依存など
人(関係性)依存: 特定の人に必要と思われたいばかりに〇〇してしまう

問題視される依存症に関しては、上記のようなものが取り上げられやすいですが、

ジョギングにハマったりして、走らずにはいられない!!
なんて人も、他人に迷惑がかかるわけではないので、問題になりにくいですが、見方を変えればあれも一つのランナーズハイの依存だったりします

何か学ばないと不足している感じがしてセミナー依存になっていて、かれこれすごい金額をセミナーに投入してしまっている方もいたりします。

上げればキリがないですネ

報酬系の神経回路と神経伝達物質、ドーパミン。

何かしらの刺激に反応して、楽しさや気持ち良さをもたらす神経が活性化し
一度経験した「快感」や「意欲」などの感情を脳が学習して、また同じ快感を!と求めるサイクルのことを「報酬系」の神経回路と言ったりします。

その快感や意欲の報酬系に関与する神経伝達物質がドーパミンです
そのドーパミン神経回路が強まったときに選択された行動は
その後も好んで選ぶようになり、報酬自体がなくてもその報酬を考え期待しただけでドーパミン神経細胞が活性化してしまうのです。

また満たされると幸せな気持ちになれるので「ハッピーホルモン」と呼ばれたり
また人にやる気を起こさせて、向上心を持ち成功への導きには欠かせない「意欲」になるので、人生に充足を感じるためにとても必要なホルモンでもありますが

これら「意欲」と「依存」の違い、境界線はなんでしょうか?

問題は、この刺激の受け皿(ドーパミン受容体)が繰り返していくと麻痺してしまい
最初の時に感じられた量の刺激では快感や充足感が得られなくなっていくんですね。


そして不足すると物足りなさや枯渇感を感じることから、それをやらずにいられない状態になり
その量を増やすことで、沼にはまっていく・・・
報酬回路の反応が鈍化して、なかなか満足せず果てしなく快楽を得る行為をやり続けるようになる

成功に導いているうちは問題視しずらいですが、求めるばかりに大金を使い果たしてしまったり


また、一般的に社会的な規範からはみ出ている、タブー視されている行為(高額ギャンブルとか、不倫とか)いけないと思いながらやるものほど興奮性が高くて快楽に繋がりやすく抜け出しにくい、、よってそれはただの欲というより、依存として認識されやすいかなと思っています。

よく大舞台に立った有名人がその快感の穴を埋めることが出来なくなった時に
他のものに依存していかなければならない精神状態に陥っていくことが考えられます。

その働きの差の大小はあれど、私達もそんな報酬系回路の精神的なプチ「アップダウン」を同じように繰り返すことが考えられます。

この辺りの境界線は自分で気付きにくいのですが、
健全さを保っていくためには、やはりバランスが大事。

「これは依存の域かも?」

という自分に気づくことが大事ではないかと思っています

さて、どんな人がこんなドーパミンループに陥りやすいのか?
またどうすれば過剰になることなく、ハッピーホルモンを活用できるのか?

香りから自分を知る ーーーー  嗅覚反応分析はそんな視点でも役に立ちます!

アロマもプチ依存症脱出に一役買ってくれます。

私は以前テニス依存でしたが(笑

週4ぐらいでテニスしてた時期がありましたが、アロマを始めたあたりから不思議とそれほど依存的に求めなくなりました

今度は人(関係性)へ依存について書きますね♡


嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

嗅覚反応分析って何?って方はこちらから

嗅覚反応分析のIMチェックを受けてみたい!という方はこちらから

嗅覚反応分析を学んでみたい!という方はこちらから

身体の化学講座を開催してます

筋膜のつながりと感覚を評価する学び

いつも考えるより足が先に前のめりのため

事後報告が多いと言われる牡羊座の私ででございますが

例にもれず、先日日曜日にここ半年ほど通いました

疼痛リハビリテーションのベーシックコースを修了いたしました(笑)

終わってようやく振り返り。

何を学んだかといいますと

筋膜の繋がりを知ることと

痛みの原因を痛みから評価すること

そして、その筋膜の繋がりを生かした筋膜リリースの仕方

 

ベーシック講座と言えども、整体師さんや理学療法士さん向けの講座になっていて

ほとんどの受講生はある程度の解剖生理学が頭に入っていて、

腸腰筋はどこか?腓骨筋はどこか?と聞かれれば

すぐに「この筋肉」と指で触れれるような人ばっかりだったので

えー腓骨筋てどこ~??とか言ってるような私はついてゆくのが大変でしたが(汗

ペアを組んでくださった方々にご教授いただきつつ、なんとか一通り学ぶことが出来ました。

ペアを組んでくださいました皆様(もしこちらを読んでくださいましたら)、改めてありがとうございました!!

で、施術をサービスとしていない私がこの講座を受講したワケは・・・

自分自身がまず長時間のデスクワークとテニスからの激しい筋肉疲労から体が張りがちになって、痛みが慢性化していたのが筋膜の調整であるロルフィングのセッションで改善されたという経験をしたのですが、体全部へのアプローチだったため、なんのアプローチが効いたのかがもやもやしていたので、そこをはっきり知りたくて

また同じ事をすればまた痛みが出るので、自分が抱えてる痛みの原因をきちんと把握して今後も適切なアプローチでセルフケアに生かしたいという思いと、

また筋膜のつながりをきちんと学べば、同じような痛みのあるお客様へのサードメディスン・チェックからのアドバイスの中に『筋膜へのアプローチ』という選択肢を増やせるのではないかという思いと、

何かしらの施術を学んでみたかったという興味が重なりまして。

ここの講座の売り文句にもなっていたのが、整体においての『評価の方法』でした。

 

自分がサービスしている嗅覚の反応を視覚化させるサードメディスン・チェックでも、『主訴』『症状』からその対処方法を導き出すのではなく

まず自分の今の状態がどうなのか?肩こりひとつにとっても

自分の体がプラスに偏っているのかマイナスに偏っているのか

それによって改善するためのアプローチが全く違うから

まずは今の状態がどうなのかをチェックするのが重要だ、ということとしつこく講座でも言っておりますが

 

この疼痛治療協会でも、痛みの原因となっている部分は痛む部分ではないということを繰り返し言っていて、

痛みの感覚をまず評価することに主眼をおいていて、評価することが根本原因をつきとめるヒントになり、そして『筋膜』においてできるアプローチはどこになるのか?という筋膜のつながりを生かしたアプローチ方法を学べる講座でした

感覚を評価する、というところにサードメディスンと大いなる共通点と魅力を感じ

いい学びとなりました。

例えば、私は右の肩甲骨周辺に慢性の痛みがあってガチガチだったのですが

ずっーと肩甲骨周辺の筋肉をアプローチをしてもなかなか痛みは治らない。

講座で評価できたのは、ここ

 ※画像はネットから拝借。

母指屈筋にごりごりのデカイ筋硬結が。

ここへのアプローチが肩甲骨の痛みにすごく効き。

筋膜のつながりとても面白いです。

臓器由来の痛み、というのもあるので

その辺になるとサードメディスンとの連携がとても役に立ちそうです。

 

講座を通して、『施術の感覚』も体験したわけですが

施術って本当に匠の技だなーと改めて感心。

講座の中に『セラピストの体作り-治療テクニックを倍増させる』という授業があったのですが、

それはまさに手の感覚を研ぎ澄ます訓練で、

あえて、高度な技である頭蓋骨の呼吸を感じるというのがあるのですが、私には全くわからず・・・・

経験を重ね、上級者になれば感じてわかるようになるそうです。

あぁ、これがすっとわかるようになるには、日々触ってないとダメだし、また少し離れれば鈍る感覚だろうなと、匠の技をキープするにはは熟練者であり現役であるべきで、プロのありがたみがよくわかりました。

そして知識はあっても実践と結果をつまねば理論は空虚なまま、ということも実感。

 

ということで、私のサードメディスン・チェックの技術も進化してまいりますよ!

学んだことは必要に応じてアウトプットしていきますね

体の痛みへの効果的なアプローチ方法のヒントにも!

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

 

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ