探究学修と化学リテラシー基礎コース。

こんにちは、嗅覚反応分析士トレーナーのちえむらです。

先日、

「学修デザイン研究会全国大会」

文部科学省後援、NPO法人学修デザイナー協会主催 

というのに参加してきました!

学修デザインとは

会の説明を要約すると

「学修デザイン」という言葉だけを聞くと、学校教育的なイメージが湧きますが、そうではなく、部活だったり、趣味スポーツの指導、社会人の社員研修の在り方、年齢問わず、誰もが夢中になれる学びを作る学修デザイン、一人ひとりが楽しみながらのびのびと力を伸ばすこと、福祉の世界でも、例えば高齢者の認知症予防トレーニングにも役立てられる・・・そんな誰もが夢中になれる学びづくりをめざす仲間を全国に広げています。

というようなことが書かれていて

これを読んだ私は、これだー!!とすぐ参加申し込みをしてしまいました♪

今まで私が日本の義務教育で受けてきた、どちらかというと先生の授業を聞くだけのトップダウン的な「教育スタイル」と

アメリカ留学時に体験した活発な議論を繰り広げられる「教育スタイル」って本当に違っていて

その違いの差というのは、私たちの積み重ねられる経験の差となり

その経験が、常識的な感覚になっていて、社会人になってからの組織の雰囲気、働き方、周囲との関わり方、そしてそれが自分の在り方や価値観にとても影響するということ。環境によって、無意識に作られる「私」は教育の在り方ですごく変わるのではないかと、

私自身の10年のアメリカ生活からの日本帰国で、社会適応に苦労してきた数々の体験から

上手く言葉にできないが、もやもやと感じていました。

この「学修デザイン研究会全国大会」ではその私のモヤモヤを全部言語化して、具体的に指示してくれていて、オンライン越しに膝を打ちまくっておりました!

現在、私は「嗅覚反応分析」を人に教えたり

また化学リテラシーを高める会で化学基礎コースを通して、講座の構成や作成に携わる中

生徒さんにとって、より『有意義』な学びにするための、その「学びスタイル」を具体的にどうしたらいいのか? って日々頭を捻っていたところだったので

「学修デザイン」という言葉にもひっかかり、またさらにその中の一つのテーマ

『探究学修』という言葉にも惹かれて受講させていただいたのですが

気軽に聞き流す予定が、朝の10時~夕方の16時半まで みっちりと釘付けになっておりました。

広島県教育委員会教育長・平川理恵氏のお話が素晴らしく。

広島県では『一人一人が,生涯にわたって主体的に学び続け,多様な人々と協働して新たな価値を創造する人づくりの実現』を目指して、まさに教育改革が広島から起こっている!というのを知る機会をいただき。

未来の日本の教育も変わるのでは!!と思わせてくれた、とても感激と感銘を受けたお話しでした。

探究学修とは

探究学修を文部科学省では、「問題解決的な活動が発展的に繰り返されていく一連の学習活動のこと」と定義しています。 2022年から、高校では本格的に探究学習がスタートされるようです。

文部科学省HPから拝借画像です。

探究学習とは、自ら問いや課題を見つけ、情報を収集・整理し、他者と議論・協働し、自分独自の答えを導き出す学習方法です。決して答えは1つではない。

この『答えは一つではない』という前提がすごく大事だなと思うのです。

大体、昔ながらの受験目標の教育を受けていると皆、模範解答を知りたがる。

問いを先生から出され、模範解答があり、それと同じならば正解。という流れ。

自分で問いを立てて、考えて、課題を見つける、という習慣がつかないのですね。

今回の私といとけん先生が主催している、「化学リテラシーを高める会」でも、そういった

自分で疑問をみつける、ことができる人は

少しでも発見があり、化学が楽しくなっているのではないかなぁ?と想像しています。

講師の説明に不足があれば、たくさん質問ができる。

逆に、授業を受けて、出された質問に答える、「だけ」の人は、

きっと、何がわからないかもわからない、と

①「問いを立てる」ことができない

②「課題を発見する」ができていない

③ だから質問するのも恥ずかしい。。自分のレベルが人とは劣っていると感じて質問できない、など

そもそもが、質問を作るという習慣、意識がないというか。

そして、会を重ねるごとに、どんどんわからなくなってくる、で終わるのかなぁ?と、

改めて考えてみましたが。

化学リテラシー基礎コースも1期終わって、私も一通り学びを終えましたが、

正直私もまだまだわからないことだらけで、

でも質問が沢山あるのです。

沢山あるから、いとけん先生と、議論して講座をつくることに繋がっています。

なので、私から言うのもなんですが、基礎的学びほど、自ら、問いを立ててもらいたい。

わからないと思うことが、面白い学びに繋がるというか。

その「わからない」に自信をもってもらいたい、というか。

こんな教育しか受けてないんだから、当りマエダノ、クラッカー!!と。(古)笑

自分が何を知りたいのか? 何がわからないのか?

普段から「課題を発見」し「自分の考えを相手に伝える」習慣をつけよう

まずは普段の生活の中で「なぜ」を探してみましょう。

その過程自体が『探究学修」です。

まさに化学リテラシーを高めるに必要なところだなぁ、と思ったので。

熱く語りました!

その学びへの姿勢というか、意識が薄いと、

今やっている、フォロー会も、質問受付も、皆でその質問と解答をシェアしていることも

すべてつまらない時間として過ぎていってしまうので!

是非、化学リテラシー基礎コース、化学の初歩からスタートするので

もしお申込みいただいたなら、真剣に

その学びへの意識改革から、スタートしていただけたらなぁ!と


受け身の学びではなくて、自ら考える、責めの学びへ!!

ちえむらは今、とてもこの辺りのことに熱くなっておりますので!!

どうぞ10月期にお申込みの方は覚悟くださいね!ふふふ。

ちなみに、講師のいとけん先生は、27才とお若いのですが

調べたら、いとけん先生はゆとり教育世代の賜物ですから。

詰め込み教育から「生きる力を育む教育へ」

しかしゆとり教育は学力低下と判断されて、また元に戻ってしまった。

ある意味ゆとり教育は探究学修の先駆けだったのではないかな?と思うのですが

(すみません、それほど教育に詳しいわけではございませんので悪しからず)

そんな、ゆとり教育をふんだんに受けた、いとけん先生から学べるのも、ある意味貴重な体験かもしれませんよ!!

若い人から、学問だけでなく、感性もどんどん取り入れよう!

化学リテラシーを高める会の

探究学修の画像も作りましたよ!!

どうゆう方法で、これらを形にしていくか

まだまだ試行錯誤の段階ですが、少しづつ皆さんの無意識に定着できるよう企画しますよー

そんな、化学リテラシー基礎コース


ご興味ある方は是非 10/7からスタートです!


先日 9/16(木)にプチセミナー&説明会を開催いたしました。

ご興味ある方は、後日視聴が可能です。

その他詳細を知りたい方は

ホームページをご覧くださいね


嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

嗅覚反応分析って何?って方はこちらから

嗅覚反応分析のIMチェックを受けてみたい!という方はこちらから

嗅覚反応分析を学んでみたい!という方はこちらから

カラダの化学・化学リテラシー基礎コース開催してます

化学リテラシー基礎コース 2021年10月期募集スタート

嗅覚反応分析士トレーナーのちえむらです!

東京は肌寒く、今年は秋が早くやってきた感じがありますね。

秋といえば! 食欲! スポーツ! そして学びの秋!!

セルフケアのニーズが高まっている今日この頃ですが

健康志向になればなるほど、色々なものが気になってくる

これ身体にいいの?悪いの?どっちなのー?!

世間の情報に惑わされずにしっかり自分で判断したい!

そんな中で少しづつでも、自分で判断力をつけるための化学の講座。

大好評の 化学リテラシー基礎コース! 募集スタートいたしました!

9/16(木)20:00~ 

化学リテラシー基礎コースの説明会を開催します♪ 

講座の説明会と身体を化学する!プチ講座にもなっておりますので!

気になる~でも化学でしょ~難しいのでは?

先生の説明の仕方が私の脳に響いてくれるのか、いろいろ気になる

会の雰囲気とか気になる方はこの機会に!ご参加くださいね。

当日、参加できない方も、後日視聴が可能です。

お申し込みは以下より

今回6月から始まった1期間を通して、個人的な感想ですが

慣れない化学の言葉だったり、なかなか頭が追いついていかなかったりしがちなので

繰り返しの視聴ができるといいです!(講座は後日視聴可能)

一番いいのは生受講&復習で再視聴してもらうのがいいですが

そんな時間作れない!という方は後日視聴のみでじっくり&視聴を止めながら聞いたりして、消化しながら受講するのがお勧めかなぁ、と思っています。

101から105までの各回、フォロー会&懇親会を設けてますので

受講中に出た疑問、質問などは直ぐに送信いただければ、フォロー会の際に回答する形でやっております。

なので、生で受講できない!!よりも、フォロー会参加できない方が残念かもです。

事前に質問をいただいた部分に関しては、フォロー会で解答部分を配信するのですが、

質疑応答の部分までは配信いたしませんので、懇親会部分でいい質問もらって面白い話の展開になったなーなんてことがよくありましたので。

2021年6月期の受講生さんの声もページに掲載いたしましたので

ご覧くださいね。

ということで

会専用SNSもはじめました! よかったらフォローください♪


嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

嗅覚反応分析って何?って方はこちらから

嗅覚反応分析のIMチェックを受けてみたい!という方はこちらから

嗅覚反応分析を学んでみたい!という方はこちらから

カラダの化学・化学リテラシー基礎コース開催してます

香りの化学 by 化学リテラシーを高める会

目に見えないふわっとしたものを
きちんと見て
言語化して理解するということ


情報に左右されやすい時代だからこそ
ふわっとわからないまま

なんとなく周囲に流されるんではなくて

自分で理解すること

それが重要になってくる

これが風の時代ということか、と

改めて感じているこの頃。

っと、申し遅れましたが、私は嗅覚反応分析士トレーナーの ちえむらです!! 笑


私自身が学びたいと痛感していたことと

『化学リテラシーを高める会』を始められる

ご縁に恵まれた事も

全ては巡り合わせだなぁと感じております。さて、


今度は香りの化学やりますよ♡

香りも目に見えないし
とてもふわっとしていて

そのふわっと感じられた事を
ふわっとお伝えする、
それもとても素敵なことなのですが


香りの良さを知るものとしては

たかが香り、と思われやすいのがもどかしい!

香りは魔法とかスピリチャル的な
立ち位置になりやすく

社会では薬機法という法律もあるので
お薬としての
作用は言葉に出しづらかったり
するので余計かな・・・

という事で!

ふわっと感じるんではなくて

ガッツリ理論を学ぶ

化学を学ぶということは、相手を知る、ということでもあります。

ここでいう、「相手」というのは

植物(食べ物やハーブや精油)だったり、そこの環境(空気や水)だったり

自分が感じていることの背景(なぜ?)を知るということ



化学リテラシー基礎コース!最後の105は香りの化学♡

8/22(日)オンラインzoomにて

13:30~15:30 講義 

15:30~16:00 質問タイム

2時間の講義+質問タイムを設けてます。



講師のいとけん先生は
企業にてフレーバーリストとして香りの研究されている香りの化学専門家です。

一応化学の基礎知識としての学びは101から105迄のコースとなっており、105の香りの化学は今までの101から104迄の知識があることが前提で話が進みます。


香りの化学は単発受講も可能です!

アロマテラピーを既に学ばれてる方から、香りの化学だけ受講したい!とお問い合わせ頂いておりますので、そんな方は101から104迄の内容詳細をご確認の上、お申し込みください。
難しい部分に関しては、復習をしながら進みますので、目安としては構造式を読む知識がある方でしたら、大丈夫かと。



化学リテラシーを高める会の発足

香りの遊び方、嗅覚反応分析士トレーナーのちえむらです。

久しぶりのブログ更新。

ブログどころか、ここのところSNSの更新もなかなかできてませんでしたが

それはずっとこの準備をしていたから!!

それはそれは・・・お題の通り。

化学リテラシーを高める会!というのを準備していました。

ゴールデンウィーク中に衣替えもせずに、頑張りました(笑

ということで皆様、一見は百聞にしかず、苦労の結果をご覧ください 【画像をクリック‼ ↓↓

昨年は2020年の秋に、化学に詳しい研究者の男性が私の嗅覚反応分析士入門講座と基礎講座を受講しに来ていただいたのをきっかけに、逆に私がその生徒さんから学ぶこととなり、自分の認識不足や、化学についての知識不足を痛恨いたしまして。

私自身、化学物質過敏症気味で色々な成分に反応しやすい体質でもあることから、今までも様々な成分のことを色々気にはしていいるけれど、化学的知識が弱いために、なんとなくしかわかっていなかったりすることも多く、もう少し化学の基礎についてしっかり学びたい、もう少し理解できるようになりたい、という思いがかねてよりあったことから、その方に化学の基礎講座を開催してもらうことになりました。


せっかくなので、私だけじゃなく他の人も一緒に受講できるように、講座開催に向けて何度か打ち合わせをしていくなかで、

やっぱり化学のリテラシー大事! という気持ちと

化学の基礎講座だけじゃなく、今までやりたいと思っていながら、なかなか出来なかったこと、

化学過敏症の方に向けた学び

食品成分や化粧品、日用品などの成分理解

オーガニック認証について

またマイクロプラスチックのことなど、

研究論文を読む会とか

沢山のやりたいことが浮かんできまして、ならば、

化学リテラシーを高める会にしよう!とこの会を発足する運びとなりました。


私のように子供の頃よい先生に恵まれず?(人のせい)

勉強が好きじゃなくて?(遊んでました、すみません)

でも大人になって、身体のことに関しては、もっと化学的知識のもといろんなことを理解し、判断したい!けど難しい、わからん!!と放り投げている人も多いのではと思うのです。

放り投げてしまうと、そこにはモヤモヤが待っていて、そのもやもやを解決しようよ! 

基礎知識がないのに理系体質とか(笑

せっかく理系でないロジカルシンキングどうなのよ!!ってことで

でもね、いると思うのですよ。いっぱい。

やばい、自分もそうかも?というかたはこの機会に一緒に学びましょう!!

特に体にまつわる話になったらば、理解への大事さは倍増します。

ということで化学の基礎!!をテーマを身体のにまつわる物質をテーマに絞って学べるようにいたしました。

昨年の「分子栄養学」はメインは栄養の話で、あまり化学についての深堀はなかったですが、
今回は身体の栄養物質を通して化学を学ぶという構成になっております。

ホームページには講座の詳細も載せてありますので
ご興味ある方はどうぞご覧ください。

化学リテラシー基礎コース 101-105
カリキュラム
化学リテラシー基礎コース
全5回 各2時間
101 身体の化学と原子について
102 分子構造と脂質の理解
103 分子の極性と水の理解
104 分子間力とプチペド結合とたんぱく質
105 分子構造と香りの違い
化学リテラシー基礎コース 2021年6月期
スケジュール
101  \4,400  6/6(日)13:30-15:30
102 ¥1,1000 6/20 (日)13:30-15:30
103 ¥1,1000 7/4(日)13:30-15:30
104 ¥1,1000 7/25(日)13:30-15:30
105  ¥1,1000 8/8(日)13:30-15:30

受講料(コース一括払い)¥39,600(一括だと8,800円お得!)

ご興味ある方は化学リテラシーのホームページへ!!

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ


嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ
チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ
チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ