和精油はじめました。期間限定キャンペーン実施中!

東京の嗅覚反応分析の教室【香りの遊び方】 ちえむらです

一十八日(じゅうはちにち)さんから届きました~♡

ボックスを開けたら、紫蘇の香りがぷ~んと♡ めちゃいい香り♪

和精油ラインナップ♪

カラフルでいいですね♪

木のディフューザーもいくつか入荷!

『ラッテダロマ』という木のディフューザーがかわいくてお気に入り♡

この『ラッテダロマ』精油が下に垂れる心配がないし、香りを変えたい時には別売りの『どんぐり』を変えればいいだけ♪

早速、サロンのトイレに。香りを替えて楽しみたいと思います♡

最近、取り扱いの精油、香りの数が増えてきたので

新しいメニューを加えて、IMチェック+好きな香りでブレンドを作成する、アロマバー的なのをはじめようと思います!!

今までは嗅覚反応分析のIMチェックのサービスでその人の体質に合ったマッサージオイル、という限定だったのですが。

自分の好みで作れるアロマ・バーワークショップ

★ ブレンド精油の作成

★ 精油+オイル基材又はジェル基材で マッサージオイルかジェルの作成

★ アロマ香水の作成

なんでもオッケーで

テスト期間として年内は特別に

IMチェック(¥1650税込)+ 材料費、全て量り売りで定価の20%オフにいたします! 精油1滴から買えますよ。

ボトルなどの容器をご自分で持ち込みもOKです!

まだホームページのサービスメニューが出来上がっていませんが、気になる精油を持ち合わせているかどうかの確認なども含めて、ご興味ありましたらご気軽にお問い合わせくださいね!

今後ワークショップも企画したいと思います

あとさらに人気のプラナロムのネロリのオイルが入荷してます!

アプリコットオイルにネロリ精油10%濃度

注文した覚えがないのに!?! なぜか入荷!

天秤座期の出会いの時期ですし♪ こんな時は香りで繋がる縁もあろうかと!

というわけで、こちらも特別20%オフでご提供します

定価4800円の20%オフで 3,840円(税抜)

限定2個です!! ネロリ好きな方このチャンスにどうぞ♡

さらに、カード払いで5%還元も♪ (現在は VISA/Mastercard のみ) 

私に会ったことないけど、ネロリのオイル買いたいという方も!

嗅覚反応分析士入門講座にお申し込みの方も!

火星が天秤座にいる期間(本日より11/18まで)期間限定で特典用意しますので!

ご気軽にお問い合わせを♪

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ チェックを受けながら、香りを知りつつ自分も知り、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

ビジネスにも効く嗅覚を鍛えるために!

ホメオスタシスを生かす、嗅覚反応分析士インストラクターのちえむらです

先週末のお話ですが、ずっとSNSでダントツでキラキラしていて気になっていた名古屋の嗅覚反応分析士トレーナー社元美歩 さんが、その魅力の秘訣をお話ししてくれるという企画を

元町の嗅覚反応分析士トレーナーの国友みどりさんが主催してくれて
これまたずっと行ってみたかった、みどりさんのサロン、1日1アロマへ行ってきました♡ (あーサロンの外観撮るの忘れました)

『輝きの素。』は美歩さんのアイディアや工夫がいっぱい詰まっていて、その素敵さは長年の活動の中から裏打ちされた美歩さんの独特の嗅覚があるからこその賜物だなと!
とても勉強なりました

どんどん真似してね!
とのお言葉に、懐深い!
というか、そう真似できない魅力への自信❗️を感じさせて頂きました

今年の私は爪の中に土とか入ってたりしがちな畑女子真っ只中ですが

キラキラ度大事‼︎

もう少し魅せる工夫をしていこうと、色々決意をあらたにした、牡牛座満月でありました

企画していただいたみどりさん、シェアしてくださった美歩さん、そしてご一緒していただきました皆様ありがとうございました。
手作りクッキーも美味しかったです~♪

それにしても、改めて感じているのですが

嗅覚反応分析をスタート当初(当時はサードメディスンプロジェクト)からやっている女子はね

人がどう思うとか、世間の評判とか、認められたい、とか何よりも、自分の感覚を信頼しきっている人が多いなと改めて思いました。

そうじゃないとね、嗅覚反応分析を仕事にしていこう、なんて思ってもいなかっただろうし、始められなかったと思うのです

売れるとか、評価されるとか、そんなんじゃなくて、自分がこれはいい!と思ったからやっている、自分の嗅覚を信じる、そんな共通点があるので集まっていても楽しいです

ここを発起に何かスタートできるように、地道にがんばろう!

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

症状から選ぶのではなく状態から選ぶアロマ

ホメオスタシスを整える嗅覚反応分析士インストラクターのちえむらです

今朝は朝一番からIMチェックのセッション

女性周り検査では問題ないけど生理痛が辛いと言うお客様。
アロマで対策、となると
通常のメディカルアロマ視点ですとクラリセージなどの女性ホルモン系に関わる精油を選びがちなのですが
このIMチェックの結果からですと、全く違う精油を選びます

生理痛の原因は様々

症状から選ぶより、まずは状態をみることから始める、嗅覚反応分析です

普段の生活習慣などのお話を伺っているうちに、原因もみえてきます

対策用のマッサージオイルを作成し、今冬に向けて、生活の中で簡単にできる対策をお伝えさせて頂きました。

ありがとうございました♡

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

嗅覚反応分析士・入門講座 2019年11月開催予定

嗅覚反応分析士 入門講座実施店 【香りの遊び方】のちえむらです

寒くなってきましたが
皆様、風邪インフル対策していますか?

自分の体質に合った
今冬を乗り越える為の対策を
他の誰かの情報でもなく
自分の嗅覚に、
ME、に聞いちゃいなよ!

そんな、まずは自分の感覚を信頼することから始める
嗅覚反応分析

もし嗅覚反応分析士のIMチェックを受けたことがあって(旧サードメディスン・チェック)
そのアドバイスにピンとこないとか、本当かしら?と感じていたなら
まずは自分で分析を学んでみませんか?
他人の分析士より上手な分析が出来るようになるかもしれません

嗅覚反応分析はセルフケアのツールです。

まずは自分の分析ができるように
自分で学び知ることで、もっと自分の感性への自信につながります。

ということで

11月の入門講座の開催が決まりましたので、募集いたします

今回は講座内容の①②③を2回にわけての受講で設定しております

① 嗅覚反応分析の世界
(2時間)
11/28(木)19-21時
② アロマテラピー
(2時間)
11/30(土)14-16時
③ 伝承重視と根拠重視のアロマテラピー
(2時間)
②と同日
11/30(土)16-18時

※平日夜のみをご希望の方やどちらかだけがダメな方は別日程を可能な限り調整いたしますのでご遠慮なくご相談くださいませ

プライベートや少人数で開催いたします

会場は麹町の教室 

有楽町線・麴町駅 / 半蔵門線 半蔵門駅 より徒歩3~4分です

お申込みいただいた方に場所詳細・お支払方法をご案内いたします(カード決済可)

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

医療専門誌「クリニックマガジン」嗅覚反応分析はセルフケアに不可欠な健康のバロメーター

嗅覚反応分析士インストラクターのちえむらです

今日は言い切り系のタイトルで♡笑

はい、そうなんです!

SNSでもお伝えしておりましたが

臨床医向けの総合情報月刊誌「クリニックマガジン11月号」に嗅覚反応分析が紹介されました

新しいチェック用のボトル立ても♪

先日の嗅覚反応分析の漫画化に続き、

総務省の異能ベーションプログラム、破壊的な挑戦部門へのノミネート、

そして今回は医療系専門誌に!

嗅覚反応分析もガンガンに社会化を図っております!

AHIS(健康包括支援協会)の顧問でもあります、櫃本真先生の連載 『2025年への伝言』の一つとして「アロマテラピーによるセルフケアの推進」というタイトルで3ページに渡り嗅覚反応分析をお勧めされております

いいですね。ありがたいですね

私のような一嗅覚反応分析士が初対面の方に「嗅覚反応分析でセルフケアを!!」と全身全霊で力説してお勧めしたところで、

新しいものに対して疑い深い方などにはそうそう信用力や説得力があるものではないですが、医者の一言、の説得力は半端ないですからね

ぜひとも先生に沢山発信してもらいたいです

雑誌の購入先はこちら(バックナンバーから購入できます)

ちょうどこの前のページ記事が「漢方医学的アプローチ」でフレイルという医学的用語を初めて知り勉強にもなり。ここからの嗅覚反応分析の記事で、記事の流れが面白いなと感じました。

先生が記事内でおっしゃっておりましたが

疾病管理型の医療サービス重視から生活実現型のエンパワーメント重視へ医療や介護および行政等の役割が大変革していく

そんな中で、自分自身の状態をモニタリングできる嗅覚反応分析は自分らしい生き方を実現するために、まさにうってつけなツールですね

そんな嗅覚反応分析是非体験してみてくださいね

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

正倉院御物「蘭奢待」の物語を学びに

嗅覚反応分析士インストラクターのちえむらです

今、『正倉院の世界』で展示中の伝説の香木、蘭奢待にまつわる歴史の物語が学べる!という事で、銀座の香十さんへ行ってきました

『正倉院の世界』大変興味そそられてるのですが、


恥ずかしながら歴史には疎いもので

世界を拝見しても「猫に小判」みたいな気分になりかねないので(苦笑

乏しい知識で観に行く前に、香木を通した視点で歴史を知れるのは大変嬉しく! これは私の為の講座ではないか!ということで

香の伝道師であり劇作家の稲坂良比呂先生のお話、とっても面白かったです!!

香りが日本の歴史の中でどれだけ権力の象徴として使われていたのか、

漢方マニアで香木コレクターの徳川家康が蘭奢待を切り取ったか否か、の説など食い入るように聞いてしまいました

そして 現代より昔の方がはるかに『香りを読む』と言うことをしていたんだなぁということ。

香りで伝える、香りでわかる、と言うことが知識の嗜みのように浸透していた様子などが先生のお話から伝わってきました。

日本人らしい香りの使い方。

言葉では直接言い難いこと、直接的に言葉で言うより、わかってもらいたいと態度で空気を出す、のが多い日本人ですから、香りでふんわり伝えるのは、日本人の感性に合っているのかもしれませんね

そしてなんと、黄熟香(蘭奢待と同じ種類のものとされている)のインドネシア産とボルネオ産の2種を聞香体験♡

12人ぐらい参加してたのですが、誰も写真とか撮らなくて、それもお作法かと気になって、写真は撮れず終いでした(笑

写真付きでお伝え出来ないのが残念ですが

でも改めて、聞香する時ぐらいはスマホを忘れる、それもいいなと思いました

金沢での聞香体験から少しづつ香道の世界に魅せられています

正倉院の世界もお陰様でより楽しみになってきました!

銀座・香十

先日、首里城が火災で燃えたのを目のあたりにし

脈々繋がれる日本の歴史的遺産にフォーカスがあたりましたが

香りを扱うものとして、日本の香りの歴史もしっかりと伝えられる人でありたいなと思いました

まだまだ道は奥深し。求道していきたいです

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

10/1からキャッシュレス5%還元に対応してます

※2019/11/30更新

東京の嗅覚反応分析の教室【香りの遊び方】 ちえむらです!

10月1日~来年6/30迄

【香りの遊び方】のサロンでも

キャッシュレス決済の5%還元に対応しています♪



12/1~現在 5%還元に対応しているのは

サロンでの対面キャッシュレス決済: 

以下のクレジットカード、電子マネー、QRコード

※ご利用のカード会社が還元対象か、念のためご確認の上ご利用くださいませ。決済手段により、還元の方法も確認方法も異なります

また、講座等のネット決済につきましても今後還元に対応の予定です(現在申請中)

(2019/11/30現在)

対応次第、こちらにアップデートしていきます!

ーーーー

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

嗅覚反応分析って何?って方はこちらから

チェックを受けてみたい方は、セッションメニューへ

チェックを受けつつ、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

ロジカルアロマで歴史を読み解く!?-松と徳川家康-

嗅覚反応分析士インストラクターのちえむらです

会社の旅行で大阪へ。旅の計画を聞いておらず、団体行動だろうと何も計画を立てていなかったのですが!

思いのほか自由行動で、さてどうしよか~!ということで

天皇陛下即位の礼の直後ということで、新幹線から初冠雪も拝め矛先よい!

時代の節目ということで、 そうだ、京都へ行こう!

江戸時代の始まりと終わりの場所と言われている二条城へ

二条城では庭園にも障壁画にもがふんだんに使われていました

松は長寿・不変・守節の象徴として貴ばれていますし、縁起物として使われるのは不思議ではないのですが

徳川家康は生薬にも精通し、海外の薬学書を読破しその知識は専門家も驚くほどであったとか。そして本格的な本草研究をしていたそうで

さらに趣味としても香道を好み遺品にも高品質の香木が遺されているらしく。

まさに、ハーバリスト家康公。そう考えたらね、きっと松の効用も知っていたんじゃないかなぁ?と思うわけです

もしかすると、家康は松の香りが好きだった?

私もマツ科のアロマは大好きで、普段からだいぶお世話になっておりまして

アカマツヨーロッパ
ブラックスプルース
カナディアンヘムロック
ヒマラヤスギ
モミ、バルサムモミ
高山マツ
などなど取り揃えております

マツ科の植物は抗ストレス、疲労回復に関係するピネン類の香りを持つものが多く、ストレス疲労が高い時に匂いを嗅ぐとよりいい匂いに感じたりするのですが(私は慢性的にいい香りに感じてます!苦笑)

もしかして、家康も今の私と同じバランス状態だったのか!?

将軍、私なんかよりずっとストレス多そうだからきっとそうに違いない!

ホトトギス、泣かぬなら泣くまで待とうホトトギス

そうだ、徳川家康は

①とても我慢強い

②寡黙でチャラチャラしてない

③碁が好き、頭脳プレーヤーである

④生薬の勉強にはまり研究するなど、知的欲求心が高い

ここまでくれば、家康のIMバランスが思い浮かんでくるようである!!

(嗅覚反応分析士の皆様ならわかりますよね?)

そんな勝手な妄想を広げながら笑

こんな二条城の楽しみ方もあります

大広間の松の障壁画は壮観でした

後日談・・・

この上記記事を書いてUPしたところ、家康は松に深い思い入れがあることをSNSを通して知りました。 家康の父・松平広忠の菩提寺、松應寺に松を植えた話。

父の死後、家康公は人質交換によって今川家へ移ります。その道中、月光庵の父のお墓に参りました。墓上に小さな松を1株植えると、その松に松平家の繁栄を祈願しました。
今川義元の死後、人質生活が終わり、岡崎城に入城した家康公は、広忠公の供養のため月光庵の地に新たに寺院を建立しました。かつて植えた松が大いに繁っていることを見ると「松が自らの祈念に應じた」と喜び、この寺院を松應寺と名付けました。

徳川家康公の足跡をたどるHPより引用

ほー!なるほど、そうでした。そもそもが「平家」なのでした

家康が松の香りまで好きだったかはわかりませんが、

家康と松の関係、納得です!

わたくしの歴史認識不足が招いた早とちりではございましたが

いつの時代にも、どこの場所でも、植物とまつわるストーリーがありますので

嗅覚反応分析の理論は、そのストーリーの片隅を読み解く思考ツールにもなり、

旅行にも楽しみ方が増えますよ♪

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

ふるさと精油をつなぐ会-いろんな森の恵み

嗅覚反応分析士インストラクターのちえむらです

今日は 【ふるさと精油をつなぐ会】主催の
『シニア森林大学開講記念セミナー』に参加してきました。

東京で精油を扱う小さな嗅覚反応分析の教室をやっている私の立場で、この会に参加することは、果たして何か出来ることがあるだろうか?などと考えると正直よくまだわからないのですが

昔から森林好きな私としては、単純に仲間に入れてください♡と即反応してしまった感じで

木のことや森の事学べるのはすご〜く嬉しく、今回もワクワクしながらめちゃ前のめりで講義に聞き入りました。
そんな自分にやっぱり木が好きなんだなぁ♡と改めて自覚したりして

森の歴史から、森に関連する産業などの日本全国の統計的な数字まで、精油は森の恵みの一つですが、森の恵みは思った以上に沢山あるけれども、活用しきれていない、活用どころか、外国に依存してる!?えーー、なお話や

今回の河川の氾濫も森の状態次第で防げたかもしれない話など

森の恵みをうまく、循環の為に使う。私にも出来ること、何か一つでも見つけられたらいいなと思います

講師の谷田貝光克先生は東京大学の名誉教授という大変お偉い方なのですが、失礼かもしれませんが、めちゃお茶目な先生で♡

前回、参加した「ふるさと精油をつなぐ会の発足の会」の時に先生の存在を知ったのですが、色んな面で素敵でハートを捕まれおります(笑

購入した先生の本、全部にサインしてもらいました

帰宅してから『森のふしぎな働き』の絵本を読んで素敵な本で感動中です

日本の森に興味ある皆に読んでもらいたい♡

『ひとのくらしと香りを訪ねて』は先生が行かれた各国の精油採取工場の旅行記。

旅行好きアロマセラピストとしてはうれしい旅行記。これはシリーズ全部制覇したい

そして、先生とツーショットを撮るのをお願いするのを忘れました・・・(泣)

またいずれ

シニア森林大学は来年4月からスタートするそうですよ

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

台風19号から学ぶ、まとめる力と自然治癒力と

東京の嗅覚反応分析士 入門講座実施店【香りの遊び方】ちえむらです

台風19号大変でしたね

12日午前10時頃の石神井川の様子

私が住んでいる練馬区でも、石神井川が氾濫して浸水するんじゃないかと、また親のいる古い木造住宅は吹っ飛んでしまうんじゃないかと、ハラハラしながら1日過ごしておりました。

連日の報道に河川氾濫の被害の大きさにびっくりするばかりですが、被害にあわれた方の一刻も早い復旧を願っております。

立て続けに大きな災害があると、普段自分の事として考えもしないような社会の当たり前にあるインフラも自分の問題として捉えることができるので、自分の住んでいる地域では何が問題となっているのか、またそれらを支える縁の下の力があること、またそれらをまとめる行政の力があること、そういったことがフォーカスされて。知るということは大事だなぁと改めて思いました

そして河川の氾濫から起きる問題も、やはりバランスを俯瞰することだよなぁと思うのです

イン(降る量)が多ければ多いほど、アウト(川の太さ)も必要、流れる速さに耐える、土壁の強さとか、特別多く降るイベント時にも備える調節池も必要、大きさは充分だったのか、強さは充分だったのか。そしてそれを見張って調整する管理者コスパは合っているのか、 電気や他への影響は? 総合してインフラですよね

総合的なバランスをみて、それぞれのパーツの見合った力量があるという事

モーゼル川とぶどう園

どれかが、飛びぬけて強くても、またどこかが弱っていても、そこをきっかけとして全体が崩れてしまう、なんてこともありうるわけです。

その総合力がうまくいっていれば、自然災害にも強く、安全性高く、そして経済的にもいい、みたいな循環が目に浮かびます。

自然の循環がうまく働いている状態

規模の大小はあるとは思いますが、小さいなりのバランスってあります

これを人の体に例えてみても、同じことですよね

栄養を取り過ぎれば、それを消化する力、血肉にする力、全身を通る力、血管の強さ、太さ。そして不必要なものを排泄する力が必要になる。

仕事や人間関係のストレスが多ければ、ストレスにも耐えうる力やそれに見合った休息やケアが必要になる。

いざという時の為の貯蓄も必要ですが、それも古くなれば処分入れ替え、常に現状に合う様にクリーンナップ。すべて含めて

自然治癒力(ホメオスタシス)がうまく働いている状態

「今」だけではなく、10年後20年後、長期的に見て色んな可能性を検討しつつ、コスパよく(健康のためだけに生きるでもなく)メンテナンスできる自分がいいですね。

でも案外 病気や人間関係で問題が起こらない限り、今までのアンバランスな状態や関係性の歪みに気付かないものですし、変化や乱れを恐れて見てみぬふりもしたりするものです。

部分的な判断だけで『出来ているから問題ない』という現実や『以前はこれで成功した』、など過去の経験が、今の総合的なバランスを俯瞰することを見えなくさせたりもします。

自然治癒力という事がどういうことなのか、

案外知らない人が多いのだなぁ、と最近改めて感じているのですが

例えばですが、咳が出たり、鼻がぐずぐずしたり、皮膚の炎症をおこしてしまうのも、体の自然治癒力の発揮なのですね

そういった症状を出すことで、体は自然に元に戻ろうとしている。

水の流れでいったら、下水つまっちゃったからちょっとそのゴミ出してくれ!

と臭い匂いをはなってぐずぐずしていたり、ボコボコしていたりするわけです。

実は知っていた?みてみぬふりしてませんか?

そのぐずぐず、どうしていますか?

そのぐずぐず症状が嫌だからと薬で抑えていないですか?

それはある意味、下水つまって臭い匂いがしているのに

蓋をして、消臭剤をまいて、別の簡易的な処置で排水を済ませているようなもので。

え、、、ずっーとそれでいくんですか??

みたいな、対処療法だったり。

もちろん、その場しのぎではない、つまりを取るような薬や手術など、今では沢山の方法があると思いますが、よく勘違いされているのは薬や手術で悪を撤去すれば、元に戻れるということ

でももし、その手術後も手術前と同じパターンで生活していたら、どうでしょう?

また同じ状態になるのは必然ですね。そしてまた詰まったら??

きちんと自然循環のシステムを働かせる、つまった下水を流れやすく、つまらないよう循環にしてあげる=自然治癒力を活かすこと

自然治癒力が発揮しやすいと、無理のない循環が生まれるので体がとても楽になります。そこで登場するのが嗅覚。

嗅覚は言わば自然治癒力(ホメオスタシス)の見張り役

嗅覚反応分析では今の状態が自然治癒力が発揮しやすい状態か?を客観的に見ることができます。 ひとそれぞれ器の大きさが違いますから、人と比べることない自分だけのバランスです。

香りの好みの順番から自然治癒力が発揮しやすいかどうかを嗅覚を使ってみるのです

嗅覚反応分析は誰かが編み出した思想を含んだ健康法ではなく、自分の嗅覚が求める方向を分析し、導くのが嗅覚反応分析のIMチェックなんですね

自分の体がそうしたい、って嗅覚が言っている方向性を通訳するのが嗅覚反応分析士です。

例えば、痰(体内の老廃物)がいっぱい出ているときは、 本人も去痰作用のある香りを好んだりします。 痰を抑えるよりも、すっきり出せるような方向にアロマを使うことをお勧めしたりします

それは時に、症状を無くすというより、より症状が出る(痰がいっぱい出る)方向だったりするので、痰を出したくない人には一時辛いことだったりします。

でもそれは本人の体が求めている解毒のための必要な闘病なのかもしれません

下水なら溜まったものを出すために、一時汚く臭い思いをしなければならないわけです

これらはあくまで比喩的な例えですが

そもそもがバランスが崩れているなら、明日のためだけにそこの部分だけ補修するのではなく、しっかりと全体を見たうえでどうしていくのかを決める必要がありますよね。

かといって、20年後の為に、今の自分を犠牲にし過ぎるのも困りもの。

それも人生のバランスですね

なので、より大きな病気や慢性的な病気と向き合っている場合は、臨時的な対処と抜本的な長期計画とが2つ必要になるのは必然ですね

症状一つをとってみても、色んな視点があるということ

症状の声にきちんと耳を傾けてあげていますか?

かつて農家の為の防風や日除けの為に植えられたケヤキ。今は30mにもなって地域の人に守られています

自分の心身のバランスをうまくまとめるための俯瞰してみてくださいね

とりとめもない話の流れになってしまいましたが

今回の災害から感じたこと、書きたくなったので、お伝えしてみました。

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ

嗅覚反応分析士が漫画になって登場!

東京の嗅覚反応分析士 入門講座実施店 【香りの遊び方】のちえむらです

【フォアミセス・11月号】に!

嗅覚反応分析が漫画になって紹介されています!!

『アロマの話をしましょう』

フォアミセスは医療をテーマにした作品を中心に掲載されてる月刊の漫画雑誌だそうで。

金沢の嗅覚反応分析士トレーナー、堂新橋桂子【aromalifeCocoro】さん が監修したそうです!!

ありがとうございます!!

子育てを終えた女性が嗅覚反応分析士になってその活躍が40ページに渡り紹介されています。 桂子トレーナーもサロンの店長さんとなって登場してます♡

そう、桂子トレーナーは美しくもなかなか男前な姉御肌

とても美しくて、かっちりしっかりしてらっしゃる感じなのに男前。今年4月に金沢に行った時に桂子トレーナーには地元の人気の餃子屋さん銭湯に連れってもらい、裸のお付き合いをさせていただきまして。 私的にはギャップ萌えさせていただきました♡

その節はありがとうございました♡♡♡また金沢に行きたい♡

嗅覚反応分析とは、の説明を文章にすると時に小難しくなりがちなのですが、漫画にするとわかりやすくてやっぱりいいですね!

活字読むとすぐ眠たくなる私のようなタイプには教科書も漫画で描いてくれればいいのに!といつも思ってるので、これは嬉しい流れ♡

基礎講座中に、この漫画の話題で騒然となり(笑

早速講座中にポチり(Amazonでは速攻完売になったそうです)


少しでも嗅覚反応分析が沢山の人に知れ渡るといいですね!

嗅覚反応分析は好きな香りの順番に並べるだけ

——–

嗅覚反応分析って何?という方はこちらへ

——–

チェックを受けてみたいという方は嗅覚反応分析が受けられるメニューへ

———

チェックを受けながら、学んでみたい!という方は嗅覚反応分析士・入門講座の詳細へ