【Biginning of Life】サードメディスン体験会1月28日(土)17:30~

イベントのお知らせ!

2017年1月28日(土)

この日は太陰暦における最初の新月、そして

火星が牡羊座0度になり、火星の新たな2年のサイクルが始まります。

火星はものごとをスタートさせる象徴でもあるので
スタートの節目が重なるこの日は、さまざまな「はじまり」に出会う絶好の機会!

ということで

NicoPLA.NET (心理占星術を愛するの仲間たち)による 体験型イベント

『Beginning of Life』 @ アーツ千代田3331 さんにてやります

午前中は、映画上映 「かみさまとのやくそく」 から始まり

午後はさまざまなワークショップを開催!

 

 

私は新しいセルフケアの形、サードメディスンをご紹介。

香りの好みから心と身体の声を読み解く
サードメディスンチェックの体験ワークショップ

自分の体質に合う風邪対策ミニアロマスプレー付き!

8種類の香りを嗅いで好みの順番に並べる-それは
嗅覚を使って大脳辺縁系(本能)が求めてる細胞60兆個の声を聞くこと。

そしてそれを資格化し、イオンマトリックス図に落とし込むことで、

今のあなたの心身の傾向から貴方に合う精油やハーブ、食べ物までわかっちゃいます。

今冬はウィルス性の胃腸炎が流行っているようですが、サードメディスンチェックをするとかかりやすい傾向の人がわかるんです!

風邪やウィルスの対策も人によって変わってきます。

例えば、以下のようなタイプと

 

以下のようなタイプに合う風邪対策は違うんですね。

そんなあれこれを皆さまのイオンマトリックス図を見ながらお話しします。

そして、お土産には高品質なプラナロムの精油を使って自分の体質に合う風邪対策ミニアロマスプレーを作ります。

ポケットに入れられて、周りに風邪ひきの人がいて気になった時に自分にシュッと出来る。
マスクにもシュッと使えてこの時期優れものアロマスプレー付き♪

日々の生活に取り入れるととても役に立つサードメディスン・チェックをぜひ、体験してみてください。

ちなみに、サードメディスン理論を考えた人、軍場大輝先生は牡羊座なんですヨ
新しいセルフケアの形

 

海外で特許も取得し、今どんどん広まっています!

サードメディスンのワークショップの時間帯は 

1/28(日) 17:30~ 約60分  ¥2500-

この機会をお見逃しなく!

お申し込みはこちら!

 

 

 

みなさまよいお年を!

2016年もおわり。はやいですねー

占いをやっていると、向き合うべきテーマとして、色んなところからシンボルがやってくるわけですが

この一年の私のテーマはひたすら「自由」でした。

社会的な目標としては仕事を変化させたい意識はずいぶん前からあって、ずっとそれを模索していたような数年だったのですが

自由って言ったって、そうは簡単にいかない現実があるわけだしね、

と思いながらも

その流れのスタートの原因となった体(肩甲骨)の痛みを思いだし

肩甲骨は自由の羽の象徴ともいうので

目標として、自分の体の痛みに向き合うことを挙げまして

自分の体を根本から改善すること、サードメディスン、ピラティス、ロフフィング、

日々肉体や象徴と向き合うことを通して、そしてニコラボの皆さんとの火星のワークなどから考えるきっかけをもらったり、

なぜ、変えたいのか?

ということを改めて見つめなおしたような一年でした。

そして、ちょっとづつの変化が、振り返ると、だいぶ変化したかも?と。

内的変化ですが

いま置かれてる環境を改めて俯瞰できたことで、壁と思い込んでいたものが少しづつ取れてるようなそんな過程に今はいます。

2017年は酉年!

鳥のように自分なりの「自由」をみつけれそうな、そんな予感の中にいます

今年一年、お世話になりました方々、仲良くしてくれた方々、そして新たに出会った方々ありがとうございました。

そしてまた2017年もご縁がありましたらよろしくお願いします♪

 

発信力とサードメディスン

勢いついでにもういっちょ

最近ブログを今までにないほど書き溜めております。

やたら、アイディアが浮かぶ事もあり、言葉のアウトプット力が上がっている!

サードメディスンチェックすると、今までにないこのパターン!

こんな。

右下的火星力は今までにないほどダウン。

そう左下の力は発信力!

人に伝える力に関係してきます

ここからわかることは、発信力、発言力は循環器系の働きと、女性的ホルモンとその調整力がうまく働くことにかかわるということなんですねー

女性は基本お喋り、

男は黙ってついてこい、

ということですね。

発信力を上げたい方、どうしたら左下が伸びるかアドバイスしますよー

私ここずっーと伸びなくて。

上げる努力だいぶしたので。

サードメディスン・チェックからのアドバイスはこんなことにも有効です!

内的バランスとサードメディスン

‪自分の内的バランスはすごく大事というおはなし。

 

‪そのバランスはあくまで自分の内的バランスであって、それは絶対値で他人と比べるものではない。

「シーソー」の画像検索結果

 

でも他者基準になりがちな人はどうしても絶対値で他者と比べるところから始まってしまい、なかなか内なるバランスのみに視点を置く事が難しいのだな

「シーソー」の画像検索結果

と言うことをセッションを通して色んな人と接すると痛いほどに学ばさせてもらう

 

健やかに生きれる内なるバランスというのがあって。

外からやってくる色んな波を乗りこなすにはまず自分の内的バランスが整っていることがまずは大切になる。

サーファー, サーフボード, サーフィン, 波, 水, サーフ, 海, 若いです

 

日本の社会では大体出る杭は打たれる日本の社会ですから。

内なる強さより、柔軟さが上手く働いていた方が生きやすいよ、とか

いわゆる自己主張する力があっても、うざがられ、抑えつけられ、陰口言われてお終いで

それでも無理して社会に合せて生きているとそれがストレスになっていたりして

結局内的バランスが整っていない、なんてことになってしまうわけで。

なかなか、難しいわけですが。

だから、せめて休みの日ぐらいは、そのバランスを調整するための機会を作って

内なるバランスを整えてもらいたいわけです。

自己主張を抑えられてる人は、趣味でスポーツをやって勝負の世界で戦ってみるとか。

スポーツはそのゲームの中で思いっきりケンケンガクガクしていい場所。

精神力も鍛えられます。

あふれんばかりの母性の矛先がないなら、ボランティアをしてみるとか、ペットを飼ってみるとか。

 

そんなこんなを思うこの頃でした

まずはみなさん、自分のバランスをサードメディスンチェックしてみませんか?

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

 

うつうつの気分にもサードメディスン・チェック

朝から鬱々して気が滅入ってしょうがない・・・

 

どうにも今後生きていく気力が湧いてきそうにない・・・

そんな闇気分になっておりました

そうだ、私にはサードメディスン・チェックという守り神がついているではないか!

ということで、早速

 

イオンマトリックス図
イオンマトリックス図

 

あぁ、、やっぱり自分軸が弱りまくり。。。

もっと早くサードメディスンチェックしとけば良かった!

そう、このバランスだとチェックすることさえも忘れてしまってしまうのだ・・・

ということで、食欲もなかったのですが意識して夕ご飯はしっかり豚肉を。

そしてお部屋にベルガモットを焚いて。

こんな時の為に買っておいた北海道のセントジョンズワートティーを!

hearbtea

このセントジョンズワートティー、めちゃおいしい☆

そして今、こうしてブログ書くまで復活。

心の闇にもサードメディスン。お勧めです・・・w

世間の動向を読む時のあなたの呼吸は?

天空では、火星が水瓶座入りしたと同時にトランプ氏の当選も決まり

牡羊座の天王星とミューチャルリセプションが出来ていて

新システム導入、テクノロジーの発達が加速しそうな星回り。

株価が動いたり、カナダの移民局が動いたり、

ニュース見たりしてるだけで、なんだか落ち着かない気分ですね

世の中が動くと、人は生き残るために無意識下で世間の空気を読もうと思って

ワケもなく、ソワソワしてしまって呼吸は浅く、うまく対応出来ないと酸欠になりがちに。

そんなあなたに、今日は心落ち着く?動画を。

わたしが最近受けている、ロルフィングの先生に教えてもらった呼吸の動画。

呼吸とても大事です。

Jessica Wolf さんの作品

“The Art of Breathing” というDVDのデモ部分の動画です

ほぼ無意識下でおこなわれている呼吸。

目で見て視覚から取り入れて少し意識するだけでも、呼吸の深さが違ってくるかもしれません。

潜在意識トレーニング!?をこの呼吸動画で試しているのですが

何より、一緒に呼吸してるとなんとなく心が落ち着く(笑

トランプ氏は双子座、きっと世の動向、空気を読むことに長けていそうですから

どんな緊迫した状態でも呼吸が浅くなることはないのかも?

 

いつも参加しているピラティスでもやっていますが、

バケツの取っ手のように広がる肋骨とそれに付随する横隔膜のあたり。

ご自分の呼吸で意識してみてくださいね

 

エリザベートとトート

昨日は人生初の宝塚公演を観てきました!

宝塚もそうですが、人生初の本格的なミュージカルだったかも?
オペラは何度か観に行ったことがあったのですが。

ご招待だったもので、演目の内容も事前によく調べることなく会場に向かい、公演が始まり観ていたら、、、

あ!!『エリザベート』 これはハンガリー王妃のお話しではないか!?

若返りの水、ハンガリアンウォーターの!
ハンガリー王妃、エリザベート。

70才を超えリューマチに苦しんでいた王妃がハンガリアンウォーターを外用したらみるみる回復して若返り、20代のポーランド王に求婚され、ハンガリーとポーランドは一つの国になった。
という逸話があり

サードメディスン入門講座ではね、歴史的背景や、サードメディスン的逆読み視点から若返りとしての薬理作用のお話を理論的に見つめることで、そのハンガリアンウォーターにまつわる美しい逸話を台無しにするのですが・・(笑)

そのエリザベートが! こんな舞台にもなっていたとは!?

と思って、帰って調べましたら、、、

勘違いでした。あはは。

ハンガリアンウォーターで有名な70代でポーランド王に求婚される王妃とその逸話は

 
ポーランド王女でハンガリー王カーロイ1世の王妃エルジェーベト(1305年 – 1380年)
でした。残念。

でも、面白かったですよー
数奇な運命を送ったエリザベートのストーリー。

 

時はハプスブルク帝国末期の19世紀後半。自由に飛び立とうとする女性は当時の貴族社会にはなじまず、彼女の深い絶望と願望はだれからも理解されることはありませんでした。不安と憂鬱に苛まされたエリザベートは、次第に自らを「黒い鳩」になぞらえ、悲劇の王妃と突き進んでゆくのです。  byミヒャエル・クンツェ(脚本家)&シルヴェスター・リーヴァイ(音楽)

エリーザベト (オーストリア皇后)の人生を調べてみましたが(ネットで)

面白すぎるので、Wikiに掲載されている目に付くエピソードをリストアップ

 

  • 姉の見合い相手だったオーストリア皇帝に見初められ、オーストリア皇后になる
  • 当時のヨーロッパ宮廷一といわれた美貌の持ち主
  • 美貌と痩身であることに執念を燃やし過酷なダイエットや美容方法でそれを維持していた
  • 贅沢ぶりは凄まじく、宝石・ドレス・名馬の購入、若さと美しさを保つための桁外れの美容への出費、絢爛豪華な城の建設、宮殿・城・別荘の増改築、彼女専用の贅を尽くした船や列車を利用しての豪華旅行などを税金で行っていた
  • 姑であるゾフィー大公妃がとりしきる宮廷生活や皇后としての義務や職務を嫌い、生涯に渡りさまざまな口実を見つけてはウィーンから逃避し続けた
  • 宮殿の外に出た際には暴徒に囲ませる、といった姑からの嫌がらせを受ける
  • 姑のゾフィー大公妃が嫌っていたマジャル人の住むハンガリー(当時オーストリア帝国の一部)を心安らぐ最高の場所とし、死ぬまでハンガリーを熱愛し続けた。その熱意は勉強嫌いの彼女が、短期間でハンガリー語を身につけ、皇帝とハンガリー貴族の通訳を出来るほどであった。
  • 人の好き嫌いが激しく気難しい性質だったため、姑のゾフィー大公妃の選んだ気に入らない女官を全員解雇して周囲をお気に入りのマジャル人侍女のみで固め、女官には徹底的に控えめに振舞うこと、ウィーンから離れた生活に耐え自分の旅行にずっとついて来ること、数時間ぶっ続けの激しい早歩きにずっとついて来ること、生涯独身を貫くことなどを要求した。
  • また自分とは正反対の、良妻賢母として知られるマリア・テレジアを敬愛し、病人や障害者、貧しい民衆に同情するなどの一面もあったが、最後まで皇后・妻・母としての役目を果たすことを一切放棄かつ拒否し続け、欲望のままに放縦な生活を送り続けた。
  • 息子ルドルフ皇太子の自殺、その後彼女は死ぬまで喪服を脱ぐことはなかった
  • 1898年9月、旅行中のジュネーヴ・レマン湖のほとりで、イタリア人の無政府主義者ルイジ・ルケーニに鋭く研ぎ澄まされた短剣のようなヤスリで心臓を刺されて殺害され、その生涯を閉じた。

 

悲劇的な人生を送り、常に死に焦がれていたエリザベートを描くこの舞台では
トート(死)を恋人とすることで、エリザベートのハッピーエンドが迎えられます
主人公のトート(死)の歌 「愛と死の輪舞(ロンド)』

 
 
 
 
ミュージカル初体験な私が言うのもなんですが、長きに渡る宝塚の人気もわかった気がします
素敵な公演でした!
 

ステキな出会いをありがとう♪

昨日は那須塩原のvamosさんにて!

 私の旧友であり、私のピラティスの先生でもある金田泰子さんからの紹介で
エクアドル復興チャリティーイベントに参加させてもらい、
サードメディスンチェックで出店いたしました!

こんなのどかな風景を見ながらサードメディスンチェック
横並びのセッション。やっぱり好きです。

 

 

こちらのブログの案内をみて、サードメディスンチェック目当てで福島から来ていただいた方もいて、とても嬉しかったです(^ ^) 

サードメディスンチェックを受けていただいた皆様、ありがとうございました!
収益の一部はチャリティーに寄付させていただきました。

そして、イベント主催の方々、本当ありがとうございました! 

vamosさんのところがあまりにステキな場所で那須に移住したくなりましたよ(^ ^)

ステキなご縁をくれた友人に感謝!!

 

 
 
 
 外観はとんがり帽子のカフェですよ
 

 

 ステキな看板もつくっていただき 

 

 

 エクアドルの写真たち 
 
南米には今までほとんご縁がなく、
私の中で身近でないので
チャリティーと言っても正直ピンとこなかったのですが 
写真をみたり、今回エクアドルに住んでいる日本人の方もサードメディスンを受けていただき 
ほんの少しだけでもエクアドルの気を感じることができて。 
きてよかった!と思いました。 

 

 壁画のワークショップ! 

 

エクアドルの郷土料理も 

 

 いただきました! 美味しい! 

 

 
太鼓のワークショップ中!いい音♪ 
 
 オーナーのさくさん、ありがとうございました!
また遊びに行かせてください♪

9/11(日)エクアドル地震復興チャリティーイベントn那須塩原!

 

9/11(日) in 那須塩原

Animo Ecuador! 4.16エクアドル地震復興チャリティーイベント

 
に急遽参加することになりました。 サードメディスンチェックで出店いたします!
 
他にも沢山のイベントやってます





私のピラティスの先生も『エイジレスケア・ピラティス』と
『ファンクショナルエアロ〜ダンスmix〜』

その他

太鼓のワークショップ

世界にひとつだけのシルバープレート作りのワークショップ

自力整体体験

夜のLIVE音楽あり

などなどまだまだ多数あります

 
週末暇な方も是非那須まで足を運んでみては?
 

場所 :    栃木県那須郡那須町高久乙794-13 

 
那須近辺にお住まいの方は是非この機会にサードメディスンチェックを!
 
今回はチャリティーイベントということで、特別価格でやります
 
 
 

 
 
 
 
 
 
サードメディスンチェックとは
 
五感の中でも、最も本能的な
「嗅覚」を用いて、その反応から
植物の薬理作用を読み解き
体質・気質・体調をチェックする
新しい方法です
 

 

今は嗅覚受容体が肝臓や皮膚など各臓器にあることがわかってきています。
嗅覚の反応を知ることは、いわば細胞の声を聞く事。
香りの「好き」「嫌い」は趣味嗜好ではなく、
その時の体の状態によって感じ方が変わります。 
嗅覚を用いたチェックの結果はグラフとして視覚化し、
あなたの今の状態、生活習慣などをお聞きしながら、
必要な行動や食事などを導きます。
他の人が成功したダイエット法やTVでやってる流行の健康法、美容法が、
あなたにも合うわけではありません。
「体質に合う人」と「合わない人」がいるのです。
そういった情報整理にも役立つサードメディスンチェック。
この機会に体の声を聞いてみませんか?

サードメディスンチェック 約20分 1,000円
14:00~19:00の間 ブース作ってやっています


事前予約されたい方がいましたら直接ご連絡くださいませ




 
 
 
 
 
 
 
 

火星手帳とピラティスと石の上にも3年

心理占星術研究会のニコラボで手帳作りの会議をしている。

自分の能動的な活動、占星術の象徴でいう自分の中の『火星』をサポートする手帳ということで、
実際の天体の火星の運行と皆それぞれの目標の立て方、意識の仕方、を照らし合わせながらどんな状況だったか話を聞くと、なかなかうなずくものがある

何かを達成するのに、火星の2年サイクル時間を意識する


石の上にも3年と言ったりするけれど

 確かに、3年あれば何か一つ自分のものに出来そうだ 

2年で習得して、3年目は「飽き」との戦いとか、
自分の欲求から多少離れても社会の為に続けられる意思とか
さらなる深いところへ踏み出せるかどうかの1年で

螺旋階段のさらなる上に持って入る覚悟を持つ1年なのかもしれない

きっと、色んな火星があるだろう 

自分の人生の大枠に組み込んでいるような、
もう螺旋階段の中の方にいる目標もあれば

まだ予感から生まれたばかりで発動したばかりの夢のような目標もあるだろう

それでも2年という時間のサイクルを意識することで
現実の中で達成しやすい目標に変えてゆく 

膨らみすぎた大きな夢を2年という時間枠に落として、今出来ることを考える。

取るに足らないちっぽけな欲も2年という時間枠に落とせば、継続性から発展性を広げることもできるかもしれない

自分のやりたい(火星)が継続できれば社会性(木星)への架け橋となる、2年だ。 

そんな目標達成に特化した、『火星手帳』

みんなの試行錯誤がつまったものが出来上がるのがすごく楽しみ♡

私の今回の火星サイクルといえば、

2015年2月の火星牡羊座で思い立ったように始めたピラティス。

ピラティスが私の中の螺旋階段の何重目か?と問われれば、

初めてです、と嘘をつきたいところだが 

実はもう10年ぐらい前に始めてた。

自分の体型にコンプレックスもあったし
テニスをやっていても体の癖からくる慢性的な痛みがあったりで、
ずっーーーーと自分の体にダメ感を抱えているので
どうにかしたいと思いつつ、
10年前もピラティスを始めていた 

10年前はピラティスへつぎこむ気持ちも時間も中途半端だったので全然自分のものに出来なくて、効果も感じられず、ピラティスより他の事に時間を使いたくて継続できずにやめた。

また3年前にもひどい肩こりに悩まされた時に、身近にピラティスへの縁があったので始めたものの、やっぱり同じようなパターンを繰り返し、1年続かず辞めていた。

昨年の火星が牡羊座へイングレス時に、やっぱり今度こそは真面目に取り組もう!
と思いたって復活したピラティス。 

ピラティスは非常に地味。
見えない表に出ない筋群を意識できるようになって鍛えたからといって、面白くもなんともない。

だから生活の中でピラティスの優先順位を上げるのってとっても難しい。
ついつい、「他の予定がなければ、やる」項目に入ってしまい、向ける意識が中途半端になってしまうし
そもそも、姿勢なんて意識できないから悪いまんま、という基本的に難しい筋群を意識するのがピラティスである。

今回は真面目に取り組んでいるおかげで
1年半を経過し、今初めてピラティスがわかった気がしている。

わからなかった、意識できなかった筋群や自分の問題パーツがわかるようになってきた。 

その意識改革たるや。
体に気付きがあると、心にも気付きがあったりして面白い 

体と心のつながり、をよく感じることができる

今の星の運行、火星土星スクエア海王星のトランジットは自分の中でぐちゃぐちゃしていた部分をとってもクリアにしてくれた。

肉体の限界、痛みを感じながらもごまかしながらも続けてきたこと、やるせなさ、そして諦めに陥っていた自分、他に目を向けることで、向き合っていなかった自分、そういう自分にも気づかせてくれた。

そして私の火星土星、長期トレーニング計画の戦利品!?はこれ

まんまだね(笑

いつもお世話になっているピラティスの先生

BeAct 金田泰子先生のブログ

これからもよろしくおねがいします♡