火星手帳とピラティスと石の上にも3年

心理占星術研究会のニコラボで手帳作りの会議をしている。

自分の能動的な活動、占星術の象徴でいう自分の中の『火星』をサポートする手帳ということで、
実際の天体の火星の運行と皆それぞれの目標の立て方、意識の仕方、を照らし合わせながらどんな状況だったか話を聞くと、なかなかうなずくものがある

何かを達成するのに、火星の2年サイクル時間を意識する


石の上にも3年と言ったりするけれど

 確かに、3年あれば何か一つ自分のものに出来そうだ 

2年で習得して、3年目は「飽き」との戦いとか、
自分の欲求から多少離れても社会の為に続けられる意思とか
さらなる深いところへ踏み出せるかどうかの1年で

螺旋階段のさらなる上に持って入る覚悟を持つ1年なのかもしれない

きっと、色んな火星があるだろう 

自分の人生の大枠に組み込んでいるような、
もう螺旋階段の中の方にいる目標もあれば

まだ予感から生まれたばかりで発動したばかりの夢のような目標もあるだろう

それでも2年という時間のサイクルを意識することで
現実の中で達成しやすい目標に変えてゆく 

膨らみすぎた大きな夢を2年という時間枠に落として、今出来ることを考える。

取るに足らないちっぽけな欲も2年という時間枠に落とせば、継続性から発展性を広げることもできるかもしれない

自分のやりたい(火星)が継続できれば社会性(木星)への架け橋となる、2年だ。 

そんな目標達成に特化した、『火星手帳』

みんなの試行錯誤がつまったものが出来上がるのがすごく楽しみ♡

私の今回の火星サイクルといえば、

2015年2月の火星牡羊座で思い立ったように始めたピラティス。

ピラティスが私の中の螺旋階段の何重目か?と問われれば、

初めてです、と嘘をつきたいところだが 

実はもう10年ぐらい前に始めてた。

自分の体型にコンプレックスもあったし
テニスをやっていても体の癖からくる慢性的な痛みがあったりで、
ずっーーーーと自分の体にダメ感を抱えているので
どうにかしたいと思いつつ、
10年前もピラティスを始めていた 

10年前はピラティスへつぎこむ気持ちも時間も中途半端だったので全然自分のものに出来なくて、効果も感じられず、ピラティスより他の事に時間を使いたくて継続できずにやめた。

また3年前にもひどい肩こりに悩まされた時に、身近にピラティスへの縁があったので始めたものの、やっぱり同じようなパターンを繰り返し、1年続かず辞めていた。

昨年の火星が牡羊座へイングレス時に、やっぱり今度こそは真面目に取り組もう!
と思いたって復活したピラティス。 

ピラティスは非常に地味。
見えない表に出ない筋群を意識できるようになって鍛えたからといって、面白くもなんともない。

だから生活の中でピラティスの優先順位を上げるのってとっても難しい。
ついつい、「他の予定がなければ、やる」項目に入ってしまい、向ける意識が中途半端になってしまうし
そもそも、姿勢なんて意識できないから悪いまんま、という基本的に難しい筋群を意識するのがピラティスである。

今回は真面目に取り組んでいるおかげで
1年半を経過し、今初めてピラティスがわかった気がしている。

わからなかった、意識できなかった筋群や自分の問題パーツがわかるようになってきた。 

その意識改革たるや。
体に気付きがあると、心にも気付きがあったりして面白い 

体と心のつながり、をよく感じることができる

今の星の運行、火星土星スクエア海王星のトランジットは自分の中でぐちゃぐちゃしていた部分をとってもクリアにしてくれた。

肉体の限界、痛みを感じながらもごまかしながらも続けてきたこと、やるせなさ、そして諦めに陥っていた自分、他に目を向けることで、向き合っていなかった自分、そういう自分にも気づかせてくれた。

そして私の火星土星、長期トレーニング計画の戦利品!?はこれ

まんまだね(笑

いつもお世話になっているピラティスの先生

BeAct 金田泰子先生のブログ

これからもよろしくおねがいします♡

 

シャラポワ選手とドーピング。サードメディスン視点でテニスを読む!

テニス界の妖精、シャラポワ選手のドーピング不正疑惑が3月に発覚しましたが、
シャラポワ選手は復帰できるのでしょうか?

この件、めちゃ気になっているんです!

”シャラポワは全豪オープン期間中のドーピング検査で、メルドニウムの陽性反応が出ていた。自身が開いた会見では、そのメルドニウムを10年以上健康上の理由から服用しており、2016年1月1日から新たに禁止薬物にメルドニウムが指定されたことを知らなかったと発言していた。シャラポワは現在、国際テニス連盟(ITF)からの正式な処分が下されていないために、暫定的に公式戦への出場は禁止されている。”

 

”メルドニウム(市販名ミルドロネート)は決して新しい薬ではない。バルト三国のひとつ、ラトビアで1970年代半ばに開発され、もともとは家畜の成長を早める薬だった。2000年を過ぎて、人に投与すると心臓の働きを高め、虚血症などの心疾患に効果があることが分かってきた。
 一方で、1980年代にアフガニスタンに侵攻した旧ソ連兵がこの薬を持たされたとロイター通信は報じ、薬の開発者のイバルス・カルビンス氏も7年前、「(標高が高く酸素が薄い)アフガニスタンで兵士のスタミナ増強に使われた」と地元紙に語っている。血流を増し、持久力向上作用があることを、軍は早くから知っていたと推測できる。
 独ケルンの分析機関が昨年発表した論文では、持久力の向上以外にも、様々な効果が期待できるとしている。試合や練習後の疲労回復ストレス耐性の強化中枢神経系の機能の活性化気分を高揚させる記憶力を高める――。 ” 朝日新聞デジタルより

ドーピング禁止法国際基準のリストにメルドニウムは
ホルモン調整薬、代謝調整薬
の部類(S4)に入っています。
今回の薬物メルドニウムは、シャラポワだけではなく、ロシア選手から集められた4316人中724人、およそ6人に1人から検出。アイスダンス、スピードスケート、自転車などのロシア人選手や、エチオピアの陸上選手からも。
選手それぞれがどのような意図でメルドニウムを使っているのか、真実はわかりませんが

サードメディスン理論から、上記の情報を元にシャラポワ選手を読み解いてみました!

メルドニウムが上記のような効果がある、ということから
イオンマトリックス図でいうところの心軸をうまく調整してくれる薬なのだろうなと想像。
特に心疾患に効くというところから左下にフォーカス。
ロシアでは安価で簡単に手に入り、ビタミン剤のように飲まれている薬らしいですが
ロシア人の死因の第1位は心疾患らしいので、需要があるのかもしれないですね
ロシア人=日光浴が少なく、メラニン色素が少ない人種
いつもテンション低く、沈静系で心臓弱い傾向、普段のドーパミン分泌も少なそうなタイプ。
その両極端なアフリカ人=日光浴が多く、メラニン色素が多い人種
いつもテンション高めアゲアゲ系で心臓強い傾向、普段のドーパミン分泌が多そうなタイプ
などと人種から体質傾向も考えてみました。

シャラポワ選手、以前は打つときにすごい声を発していました。
そののうなり声を計測すると、100デシベルを超え、その音量はなんと、地下鉄の中の騒音に匹敵するとか(笑)
2011年にそのうなり声にウォズニアッキ選手が苦情、「ボールの速度が正確に判断できない、禁止すべき」と訴え、そのあたりからシャラポワは声を出さないようになったんですが・・・
サードメディスン理論では声を出すことは、左下を強めるんです。
大声を出せば出すほど、左下が強まる=闘争本能のアドレナリンが出やすい状態になりそうです。
なので、シャラポワ選手は声を出すことで闘争心を上げ、
また、弱い自律神経系のバランスを取っていたとも考えられます。
あるいは、10年以上も前からメルドニウムを摂取していたようですから、メルドニウムの薬の暴走からあのうなり声を出さずにはいられなかった可能性もあります。
どちらにしても、シャラポワ選手がホルモン調整機能が弱いと仮定できる一つの理由です。
スポーツと自律神経の調整は切っても切れない関係です。
交感神経が刺激されて“臨戦態勢”に入り、
また試合中に「ゾーン」に入れば最高のパフォーマンスが期待できる、と言いますが、生きるか死ぬか戦いの中で肉体と精神が特殊な状態に追い込まれた時のホルモンの働きです。
そして優勝体験をすれば脳内報酬系ホルモンのドーパミンが出る。
水泳の北島康介選手が優勝した直後のあの「超きもちいい~」状態です。
有名選手になればなるほど、プレッシャーも高くなり、
優勝して頂点に立ったときのドーパミン濃度はすごいのではと想像します
そしてドーパミンはさらに強い刺激を求めてにさらなる意欲を掻き立てます。
しかしその「さらなる意欲」と「依存」は表裏の関係・・・
同じドーパミン報酬(優勝体験)が得られなければ不足感はつきまとう
だから、スポーツ選手はさらなる上を目指すために頑張れる、けれど
その脳内報酬ドーパミンの渇望感をうまく満たして、コントロールが出来なければ、精神不安や鬱状態がつきまとうでしょう。
最近多い、スポーツ選手と薬物やギャンブルの関係は密接な関係があります。
運動と薬物や賭博は脳内のこのような化学的なプロセスが共通しているので代替依存しやすいのです。
選手の体質によっては切実なテーマになりそうです。
意欲を高める、やる気を維持する、そして生きる気力を維持することも
いかにして、ドーパミン濃度を高いレベルのままに保つかといったことがキーになります。

メルドニウムは兵が持つ薬。。。
兵のやる気をコントロール出来る薬といっても過言ではないですね・・・

ロシア人はそもそも持ってるドーパミン濃度が低そう、と想定出来るならば、
そして、シャラポワ自身がサードメディスン理論で言うところの左下が弱い体質ならば、
それだけ試合中と普段の落差が激しくなり、勝てなくなればなるほど、高い切望感とともに薬への依存度が高くなりそうです。ここにシャラポワがメルドニウムを辞められなかったヒントがあるのかもしれません。
サードメディスン理論を知ると、スポーツにはドーパミンの代替、またはコントロールがとっても大切になってくる、と当然のごとく思います。
ここは是非、普段の食生活やアロマで解決したいところ!!
そう、サードメディスン・チェックのスポーツへの応用!
テニスなら、
左下が弱いタイプなら、声を出して打つ!とかでプレーの質が上がること間違いなし。
試合のときの集中力UPにも繋がるかもしれません。
試合中になかなかアドレナリンがあがらない、あがった頃に試合が終わってる・・・
そして負けが続いて凹む・・・
そんなあなたへのアロマレシピ!
ドーパミンやセロトニン等のホルモン放出を亢進する働きを持つL-リモネンを含む、セロリ
ド-パミン分泌促進に関与するオイゲノールを含む、クローブ
ゲラニオールという成分がβエンドルフィンの分泌を促進する、パルマローザ
神経強壮作用のあるバジル
各精油5滴づつ植物オイル10mにまぜてみぞおちにぬりぬり♡
シャラポワにサードメディスン・チェックして
使ってもらいたいですね。
まずは、あなたがどんなタイプか調べるが先決。


嗅覚受容体は体の各臓器にあることが最近わかりはじめています
その嗅覚の反応を使った体質診断がサードメディスンチェックです。
サードメディスンチェックをして体の声を聞いてみませんか?

 

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ