かぶれやすい体質と、『パフューム ある人殺しの物語』

パリ旅行に行ってから、すっかりおフランスかぶれになっています、ちえむらです。

昔学生の頃はアメリカかぶれでしたからね、きっと私はかぶれ体質。

みなさん、かぶれる、とは 『気触れる』 と書くの知っていました?

このかぶれると、肌がかぶれる、同じ字なんですよ。

か‐ぶ・れる【▽気触れる】の意味
あるものの影響を強く受けて、その風 (ふう) に染まる、ことの他に
漆や薬品などの刺激で皮膚が炎症を起こし、赤くかゆくなる。
(デジタル大辞典より)

私、最近お肌もかぶれやすいんです。

サードメディスン的にも今の私のバランスはまさに

外の影響を受けやすい体質になっている、、、

あぁぁ。

かぶれ体質への対処法、気になる方は来て是非サードメディスンチェックを。

 

最近、フランスに染まりたいために(笑 フランスを舞台にした映画鑑賞をはじめまして。

昨日は 『パフューム ある人殺しの物語』 というフランスが舞台のドイツ映画を観ました。

とある調香師のお話しで

香りを極めると、いきつくところはそこなのか、、、と絶句してしまうストーリー展開なのですが、

主人公の母親の不足、情緒がきちんと育っていない人間の描写を通して

肉体的な感性と心の感性の違いをはっきり示していて、

性の問題、今のTOKIOの山口メンバーの問題じゃないですが、

どこまでが肉体的な病気で、どこまでが心の弱さの問題と呼べるのか、みたいな内容を大袈裟なぐらいに示していると思いました。

イオンマトリックス図に落とし込んだら、この主人公のバランスが思い浮かぶので、

サードメディスンを教えてあげたい!みたいなジレンマが(笑

Le Parfum - Grenouille chez Giuseppe Baldini

こんなでかい蒸留器が出てきて、アロマ好きな方にもおススメ映画!

またフランス革命前の華やかな貴族の世界と、パリに住む庶民労働者の格差ある描写映像がとってもよかったです!

今年は日仏交流160周年記念ということで

パリで開催される日本博「ジャポニスム2018」イベントなどがあったりで

皇太子様も9月にパリに訪問されるとか。

5月26日には「高橋一生 はじめてのルーブル」って特別番組が日テレであるらしいですよ♡

ね、絶対きてる!おフランスブーム♡ 笑

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

 

オルファクトラボ、新しい精油ブランドに

サードメディスン・インストラクターのちえむらです

先週は大阪へ向かい、サードメディスン・インストラクターフォローアップ講座の参加と

大阪のインターコンチネンタルホテルにて行われました、インストラクターやトレーナーがご招待されます【Thirdmedicine Member’s Party】へ♡

メンバーズパーティも4度目、毎回新たな試みの発表がされるので、今回もとても楽しみにしていたのですが!

なんと!今度はサードメディスンのフラグシップショップでもあるオルファクト・ラボからオリジナル精油のブランド立ち上げの発表がありました!

フランスの無農薬栽培の農場で採れたての精油がその場で蒸留されて直送され、

フランスの公的機関にて農薬検査を受け認証がされた後

日本に届く、日本一フレッシュな精油になりそうですよ。

先だって48種類の精油が販売スタートされるそうです!

 

私も発表を聞いて、興奮醒めやまず。

ん?なんですか?誰が写真を撮ってくれたのか忘れましたが

香りにうっとりしている瞬間を捉えてくれています!笑

いやー本当、香りも良かったです♡ アロマ、精油好きな方、必見です!

 

そして、こちらがサードメディスン・プロジェクト代表の軍場先生。

新たなチャレンジをありがとうございます♡

パーティには全国から40名ほど集まっていて

なかなか全員と交流できないのが残念ですが

以下の写真は東京で頑張っている、トレーナー、インストラクターのみなさまと♡

今後とも宜しくお願いいたします

 

精油って何?とわからない方

香り、という事はわかるけど、香料と何が違うの?という方、

精油は百円均一などの雑貨店でも安く売ってるけど、何が違うの?

安いやつではダメなの??

きちんと検査されてないとどうゆう問題があるの??

原液で使ってもいいの?

市販の教科書に1%濃度と書いてあったけど、なぜ1%なの?

どのくらいの濃度で使うべきなの?

ネットを探すと沢山のアロマの学校や協会があるけど、、、、

どれを選んだらいいかわからない。。。

そんな情報迷子になっている方がいましたら、

そんな情報の整理の仕方を学び

精油の物性から、色々なものごとを捉える、

ロジカルシンキングの勉強になる、ロジカルアロマテラピーのサードメディスン入門講座へ!

サードメディスン入門講座は以前は、『プロも知らないアロマテラピー』という名前だったぐらい、他の協会でアロマを学ばれている方も、入門講座を受けて良かったと言われる講座になっています!

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

 

メディカルアロマと占星術と元素論と

アロマやハーブを西洋占星術の象徴に対応させた使い方がありますね

沢山の本が出ていますし、ネットでも占いと合せて今週のアロマ、なんて記事も沢山みますし

簡単に貴方の星座は牡羊座だから、ローズマリーとか

女子力をアップするなら、金星に対応したローズ♡といったようなもの。

また、占星術にマニアックな方はヒポクラテスの四体液質という体質論

から体質を導き出して、対応する精油を選ぶという方法もあります。

4つの気質、 胆汁質/多血質/粘液質/憂鬱質を

エレメントの 火/土/風/水 と  

ホット(温)/コールド(冷)/モイスト(湿)/ドライ(乾)

の組み合わせから導き出します。

私も占星術を学びながら、体の事への興味が一番強かったので

一応は色々学びましたよ。

しかし、私は学べど学べどなかなか腑に落とすことができず。。。

例えば、

ハーブをハーブティーにして水溶性の成分を摂取した場合の薬理作用と、

水蒸気蒸留法で精油にして、その脂溶性成分を湿布するのとでは

薬理作用も違ければ、効果も変わってくるのは成分分析をすれば明らかな事なのです

が、

上記の占星術関連の本の中で、そのような事に触れているわけではありません。

それはそうですよね、ヒポクラテスの時代・・・

古代元素論と植物の対応は

長年の使われてきた経験、経歴からその効果・効能が信じられてきたり

また、植物への深い観察から導いたものでありますが

 

これらは精油の成分分析が出来なかった時代の話。

私達は昔の人が知ることが出来なかった、精油の成分を知ることができ、

精油の『におい分子』の性質がどんなものであるか化学的に理解することが可能な時代です。

そして既に私達の思考は先人の古代の元素論ではなく今の元素論で義務教育を経ているのですから、今更古代元素論で精油を説明されても腑に落ちるわけがないのですね

現代科学をあなどるなかれ。 

 

わざわざ、古代元素論に戻して身体のことや植物の事を学ぼうするのはナンセンス。

それは逆に精油のきちんとした理解を妨げることになります。

これは西洋の四大元素論からの四体液質だけでなく、

東洋の陰陽五行説からの中医学、

インドのトリ・ドーシャ(三体液, 三病素)からのアーユルベーダ医学

などの体質学も同じことが言えると思います

わざわざ、時間とお金をかけてアロマの為に古い体質学を学ばないようにしてくださいね。

 

もちろん、先人達がの積み上げたこれらの経験則に私達は大いに助けられていますし、

先人はどのような考えを持ってその四体液質論を築きあげ、薬草を使いこなそうとしていたのか、その経験則を知りたいのならば、ヒポクラテスの理論を学び、古典占星術の著書、『クリスチャンアストロロジー』で有名なウィリアム・リリーの書や、医薬書をラテン語に訳し一般の人もハーブ療法ができるようにしたニコラス・カルペパーの『コンプリートハーバル』などに学ぶといいのかもしれません

 

が、もし

精油を理論的に深く学びたいのであれば、現代化学に勝るものはありません。

西洋医学はミクロを見過ぎるばかりに全体が見えなくなるという医療の問題に陥りがちなので、

それを非難するばかりに、西洋医学を否定して、身体をホリステック(全体)に診るからという理由だけで、古代元素論へ向かう人がいますが

それは論点が違うと思いませんか?

ミクロを今の化学できちんと押さえながらの今の元素論での全体を見ることができる体質論が必要だということ。

(はい、きました!)

サードメディスン理論はここをしっかり押さえているんですね!

 

サードメディスン理論は、

嗅覚の理解物性の理解から始まります。

それは、私達が義務教育で学んだ、

現代の元素論をより身近に、わかりやすく私達の生活にホリステックに生かす事につながります。

きちんとミクロも見るから、精油の使い方に迷いがなくなりますよ。

 

もし今アロマを学びたい、生活の中でより効果的に使いたい、

また、自分のホロスコープに合ったアロマは何?と

本の説明の通りに、星に対応している精油を使っているけれど、

理屈はわからず、なんとなくモヤモヤしたままで・・・と感じている方は

是非サードメディスン理論を学んで欲しいです

そして、精油の物性をきちんと理解するということが

人のあり方を理解する事にもつながるので、

いろんな場面で応用することが出来るようになりますし、

人の理解を深めたり、また占星術の世界を深めたいならば、象徴を豊かに広げていくことは間違いないでしょう。

そして、人に説明するときに、象徴言語を使うのではなく

全ての人が義務教育で学んだ、元素論に従って説明できる、というのが

サードメディスン理論の素晴らしいところです。

現代の魔女になりたいなら、サードメディスン必修ですな

 

久しぶりに本気で語ってみました

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

 

カビや水虫(白癬菌)に効くアロマ

こんにちは

サードメディスンインストラクターのちえむらです

蒸し暑いですねー。関東では湿気が多くてじめじめする日々が続いて

豊洲市場でも90店舗以上でカビが発生しているのがわかったとか。

O157の感染の話題もありましたね

菌は私達の肉眼で確認できませんが、豊洲でもすごいカビが発生しているということは

私達の身近でも発生しているということですよね。。

ということで、今日はカビがらみの話で、

水虫菌!

今日は水虫対策アロマについて!

水虫といえば、英語でAthlete’s foot  アスリートフット!(運動選手の足

皮膚の湿気が多くて蒸れてるところが好きなカビに常在されてしまうのが水虫ですね。

足に汗かいたまま、靴はいて蒸れてる状態が多い運動選手になりやすい、ということですが

やはり、同じ運動選手でもなりやすい体質の人となりにくい人がいると思いますし、

運動とかしてなくても、足に汗をかきやすくて、水虫になりやすい人もいると思います

 

 

今回、私はお盆休みに、来月105歳になる祖母に会いに行ったらば

足がすごーく浮腫んでいていたので

マッサージをしてあげよう!と思い

ちょうど自分用に持ち歩いていた、アロマのマッサージオイルがちょうど浮腫みによかったので、マッサージしてあげたんです。

そしたらですね、2日後ぐらいに

あれ、やけに手が痒い!!これはアレルギーとはどうも違うぞ!ということで

ネットで、「手痒い」で画像を検索したら、手白癬ということがわかり。

で、白癬菌をネットで調べていたら、

祖母の足の爪がまさに爪白癬だった!

知らずに触りまくってしまったー

悲しい事に祖母の足の水虫が私のに移ってしまったようだ・・・

ということで、自分のサードメディスン・チェックからも

じめじめ体質に加えて、真菌に弱い免疫力を示しているバランスだったので、

婆さんの爪白癬が私の手に移ったんだー!(悲)ということで

すぐ対処。

免疫力が下がる、と一言で言っても

対処法はバランスによって色々違うんですよ。

抗菌作用一つでも

細菌に対しての免疫なのか

ウィルスなのか、

真菌(カビ)なのか、

寄生虫なのか

違った抗菌を施しても、耐性菌であれば効かないですしね。

お医者さんに行って抗生剤を貰うのも手っ取り早そうですが、

出来れば副作用も多い抗生剤は使いたくなかったのと

せっかくなので、アロマで治してやるーー

ということで、

自分のバランスにあった

抗真菌作用のある精油をメインにマッサージオイルとスプレーを作成。

とりあえず手元にあった真菌作用のある精油を集めまして

ローレル/アカマツヨーロッパ/パルマローザ/タイムツヤノール/オレガノ

初めはちょい痒い程度で、ここのところ右下が少ないバランスだったので

右下伸ばす精油を多めの配分にして

20%濃度で作りました。

又 抗菌スプレーも10%濃度でつくり

手に湿布。

しかし!翌日にはバランスがこんな状態に!

痒み症状も増していたので、

うう!白癬菌にやられているではないか!!ということで

また配分を左下も増やし、湿布回数も増やし

皮膚からのアプローチだけでなく

加えてオレガノカプセルも1日3回飲み続けましたら

痒み症状が治まり始め

23日にはほぼ完治!!

すごいぞアロマ!!

副作用も今のところなし!どころか

自分のバランスを整える処方しかしてないので

水虫対処法をすることが、疲労回復にもつながり、いいことづくめ。

オレガノカプセルはもう飲んでいませんが

2週間ぐらいまで引き続き湿布は続けるつもりです。

 

自分の白癬菌が退治できたようなので、

今度は手袋をして、祖母の爪白癬の治療をしにいくつもりです!

 

このじめじめした気候で水虫を発症してまった人もいるのでは?

 

またこんな時期は台所周りや、水周りのカビ対策にもアロマおススメです。

先程あげた、上記以外の精油にも

シナモン/ラベンダー・スピカ/ティーツリー/ゼラニウム/シナモン

なんかも抗真菌作用がありますので、カビ対策によさげです。

 

そんな風にアロマを使いこなす生活を始めたい!という方!

アロマを使いこなすにはある程度知識が必要です。

きちんと用法を守らないと、よかれと思ってしたことが、逆に体を壊しかねません。

今は雑貨屋さんでも精油が安く売られていますが、それでも大丈夫なの?とか

きちんと基本を学んでから使ってくださいね

その基本が学べるのがサードメディスン入門講座 になっております

 

また、長年水虫に困っている方がいましたら、

対処法の相談にのりますよ

まずはサードメディスン・チェックから

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

 

 

悪夢をみやすい人

眠りを誘うジャスミン?悪夢を誘うジャスミン?

サードメディスン的に

眠りが浅く、いつも夢をみるとか

悪夢をみやすい人のバランスってのがあります

脳の活動が活発になり過ぎている

こういう方は、よく考え、よく悩む

そして人に何かを説明しようとするとき

自分の考えていることを一字一句言葉にしようとします

相手がそれを知りたいかは案外どうでもよくて

こちらは何も言っていなくても、もし反論された時の言い訳を勝手に理論立てしているタイプですね。 頭がよくて、頭脳戦が強いタイプ。

脳が活発で知的欲求心が高いので

ネットの情報やSNSチェック、本を読んだり、星を読んでみたり、自分を管理するための、スケジュール管理やログをつけたりなど、積極的に思考活動をやるのでまたさらに脳が活発になる。

そして寝ている間も脳が休んでいないので

夢をみますし、脳内整理の為にか、よくも悪くも悪夢をみてしまう。

そして、夢の分析に情報検索をしてまた考えて悩んで脳を使う・・・・笑

 

また普段そうでなくても、こういう状態の時には夢をみやすくなるので、

もし悪夢をみたら、上記のようなことをやりすぎていないか?

振り返ってみましょう~

 

まずは自分を知ることから始めるサードメディスンです

その人の状態により、何が今の自分に合っているのか?は違ってきます

ジャスミンが眠りを誘う香りになる人と

悪夢を誘う香りになってしまう人といます

解決策はアロマ以外にも沢山あります。

サードメディスン会員によって日々研究されていて

毎日3分のフラフープでバランスが整って熟睡出来るようになった!なんて臨床も出ています

こんなに頑張ってやる必要ありませんよ ↓

 

ちなみに、この人の性格がこの写真から想像できるようになるのがサードメディスンのお勉強です(笑)

 

まずはサードメディスンチェックで

今の自分がどんな状態か知りましょう!

自分にいいと思ってやっていたことが

自分には逆効果だった、なんてことも多々ありますから。

嗅覚は間違えない。

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから
サードメディスン・チェックとは

チェックを受けたい!って方は
サードメディスン・チェックが受けられるメニュー

チェック受けながら、自分のバランスを整えながら、学んでみたい!という方は
サードメディスン入門講座案内はこちら

 

『カレボーテ』エクステンド・オイルのご紹介♡

-貴方が好む香りは貴方が求めている美しさ-

優しく包み込む美しさ?

クールで知性的な美しさ?

明るく華やかな美しさ?

凛とした力強い美しさ?

『肌はココロの鏡、香りはココロの美容液』

をコンセプトに

OLFACT LAB (オルファクト・ラボ) から発売された

Carre Beute (カレボーテ) 『正方形の美』

サードメディスン理論を元に、サードメディスン・チェックの結果から

足りないところ伸ばしに使える4タイプ。

ということで、伸ばす!エクステンドオイルです。

 

例えば今の私

 

朝から、忙しくなんのケアもせずに会社で大事な会議に挑んだ後なんですがね

求めているのは右上!クールで知性的な美しさ

あーーーまさにーー(苦笑!) 会議前にチェックすればよかった!

今度は右上オイルをつけてから会議に挑みます、はい。

いや、本当このオイルね

とっても評判がいいのですよ!

私は自分で精油を色々持ってますし

自分でブレンドオイル作れるので

これをわざわざ別に購入する気なかったのですが・・・

あまりに評判がよいので、私も使ってみました!

んで、結果

いいんです!!!

もうこれは、あの!あの!例の!知る人ぞ知る!

トレーナー講座でも学んだ心理的効果が顕著に働く

魔法 がかかってますよ、このオイルは。

なんてったって 『肌はココロの鏡、香りはココロの美容液』 ですから♡

なので、私のところでも取り扱う事にしました♪

 

気になるお値段は・・・

◆エクステンドオイル 15ml 1本 5,238円(税込) (右上・右下・左上・左下のどれか) 

◆エクステンドオイル 15ml  4本セット 20,952円(税込) (右上・右下・左上・左下の各1つづつ)

髪の毛からお顔や指先まで使える全身用美容オイル♡

さっぱりした使い心地のオイルです。

麹町の教室に見本を置いてありますので、

セッション等で来られた時に、試してくださいね。

 

シャラポワ選手とドーピング。サードメディスン視点でテニスを読む!

テニス界の妖精、シャラポワ選手のドーピング不正疑惑が3月に発覚しましたが、
シャラポワ選手は復帰できるのでしょうか?

この件、めちゃ気になっているんです!

”シャラポワは全豪オープン期間中のドーピング検査で、メルドニウムの陽性反応が出ていた。自身が開いた会見では、そのメルドニウムを10年以上健康上の理由から服用しており、2016年1月1日から新たに禁止薬物にメルドニウムが指定されたことを知らなかったと発言していた。シャラポワは現在、国際テニス連盟(ITF)からの正式な処分が下されていないために、暫定的に公式戦への出場は禁止されている。”

 

”メルドニウム(市販名ミルドロネート)は決して新しい薬ではない。バルト三国のひとつ、ラトビアで1970年代半ばに開発され、もともとは家畜の成長を早める薬だった。2000年を過ぎて、人に投与すると心臓の働きを高め、虚血症などの心疾患に効果があることが分かってきた。
 一方で、1980年代にアフガニスタンに侵攻した旧ソ連兵がこの薬を持たされたとロイター通信は報じ、薬の開発者のイバルス・カルビンス氏も7年前、「(標高が高く酸素が薄い)アフガニスタンで兵士のスタミナ増強に使われた」と地元紙に語っている。血流を増し、持久力向上作用があることを、軍は早くから知っていたと推測できる。
 独ケルンの分析機関が昨年発表した論文では、持久力の向上以外にも、様々な効果が期待できるとしている。試合や練習後の疲労回復ストレス耐性の強化中枢神経系の機能の活性化気分を高揚させる記憶力を高める――。 ” 朝日新聞デジタルより

ドーピング禁止法国際基準のリストにメルドニウムは
ホルモン調整薬、代謝調整薬
の部類(S4)に入っています。
今回の薬物メルドニウムは、シャラポワだけではなく、ロシア選手から集められた4316人中724人、およそ6人に1人から検出。アイスダンス、スピードスケート、自転車などのロシア人選手や、エチオピアの陸上選手からも。
選手それぞれがどのような意図でメルドニウムを使っているのか、真実はわかりませんが

サードメディスン理論から、上記の情報を元にシャラポワ選手を読み解いてみました!

メルドニウムが上記のような効果がある、ということから
イオンマトリックス図でいうところの心軸をうまく調整してくれる薬なのだろうなと想像。
特に心疾患に効くというところから左下にフォーカス。
ロシアでは安価で簡単に手に入り、ビタミン剤のように飲まれている薬らしいですが
ロシア人の死因の第1位は心疾患らしいので、需要があるのかもしれないですね
ロシア人=日光浴が少なく、メラニン色素が少ない人種
いつもテンション低く、沈静系で心臓弱い傾向、普段のドーパミン分泌も少なそうなタイプ。
その両極端なアフリカ人=日光浴が多く、メラニン色素が多い人種
いつもテンション高めアゲアゲ系で心臓強い傾向、普段のドーパミン分泌が多そうなタイプ
などと人種から体質傾向も考えてみました。

シャラポワ選手、以前は打つときにすごい声を発していました。
そののうなり声を計測すると、100デシベルを超え、その音量はなんと、地下鉄の中の騒音に匹敵するとか(笑)
2011年にそのうなり声にウォズニアッキ選手が苦情、「ボールの速度が正確に判断できない、禁止すべき」と訴え、そのあたりからシャラポワは声を出さないようになったんですが・・・
サードメディスン理論では声を出すことは、左下を強めるんです。
大声を出せば出すほど、左下が強まる=闘争本能のアドレナリンが出やすい状態になりそうです。
なので、シャラポワ選手は声を出すことで闘争心を上げ、
また、弱い自律神経系のバランスを取っていたとも考えられます。
あるいは、10年以上も前からメルドニウムを摂取していたようですから、メルドニウムの薬の暴走からあのうなり声を出さずにはいられなかった可能性もあります。
どちらにしても、シャラポワ選手がホルモン調整機能が弱いと仮定できる一つの理由です。
スポーツと自律神経の調整は切っても切れない関係です。
交感神経が刺激されて“臨戦態勢”に入り、
また試合中に「ゾーン」に入れば最高のパフォーマンスが期待できる、と言いますが、生きるか死ぬか戦いの中で肉体と精神が特殊な状態に追い込まれた時のホルモンの働きです。
そして優勝体験をすれば脳内報酬系ホルモンのドーパミンが出る。
水泳の北島康介選手が優勝した直後のあの「超きもちいい~」状態です。
有名選手になればなるほど、プレッシャーも高くなり、
優勝して頂点に立ったときのドーパミン濃度はすごいのではと想像します
そしてドーパミンはさらに強い刺激を求めてにさらなる意欲を掻き立てます。
しかしその「さらなる意欲」と「依存」は表裏の関係・・・
同じドーパミン報酬(優勝体験)が得られなければ不足感はつきまとう
だから、スポーツ選手はさらなる上を目指すために頑張れる、けれど
その脳内報酬ドーパミンの渇望感をうまく満たして、コントロールが出来なければ、精神不安や鬱状態がつきまとうでしょう。
最近多い、スポーツ選手と薬物やギャンブルの関係は密接な関係があります。
運動と薬物や賭博は脳内のこのような化学的なプロセスが共通しているので代替依存しやすいのです。
選手の体質によっては切実なテーマになりそうです。
意欲を高める、やる気を維持する、そして生きる気力を維持することも
いかにして、ドーパミン濃度を高いレベルのままに保つかといったことがキーになります。

メルドニウムは兵が持つ薬。。。
兵のやる気をコントロール出来る薬といっても過言ではないですね・・・

ロシア人はそもそも持ってるドーパミン濃度が低そう、と想定出来るならば、
そして、シャラポワ自身がサードメディスン理論で言うところの左下が弱い体質ならば、
それだけ試合中と普段の落差が激しくなり、勝てなくなればなるほど、高い切望感とともに薬への依存度が高くなりそうです。ここにシャラポワがメルドニウムを辞められなかったヒントがあるのかもしれません。
サードメディスン理論を知ると、スポーツにはドーパミンの代替、またはコントロールがとっても大切になってくる、と当然のごとく思います。
ここは是非、普段の食生活やアロマで解決したいところ!!
そう、サードメディスン・チェックのスポーツへの応用!
テニスなら、
左下が弱いタイプなら、声を出して打つ!とかでプレーの質が上がること間違いなし。
試合のときの集中力UPにも繋がるかもしれません。
試合中になかなかアドレナリンがあがらない、あがった頃に試合が終わってる・・・
そして負けが続いて凹む・・・
そんなあなたへのアロマレシピ!
ドーパミンやセロトニン等のホルモン放出を亢進する働きを持つL-リモネンを含む、セロリ
ド-パミン分泌促進に関与するオイゲノールを含む、クローブ
ゲラニオールという成分がβエンドルフィンの分泌を促進する、パルマローザ
神経強壮作用のあるバジル
各精油5滴づつ植物オイル10mにまぜてみぞおちにぬりぬり♡
シャラポワにサードメディスン・チェックして
使ってもらいたいですね。
まずは、あなたがどんなタイプか調べるが先決。


嗅覚受容体は体の各臓器にあることが最近わかりはじめています
その嗅覚の反応を使った体質診断がサードメディスンチェックです。
サードメディスンチェックをして体の声を聞いてみませんか?

 

 

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

 

雑誌「セラピスト」にサードメディスン理論が掲載

サードメディスン理論が掲載されました!

%e9%9b%91%e8%aa%8c%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%88%e6%8e%b2%e8%bc%89

 

5ページに渡って、結構詳しく載っています
気になる方必見です。

原子論に基づいているサードメディスン理論!
4大元素論
ヒポクラテスの体液論
アーユルヴェーダ
陰陽五行経

も凌駕する!?
言ってしまいましたねぇ

セラピストさんは勿論ですが
体系論を学ぶの好きな方も
興奮の渦ですよ。

私は興奮しました。

読みたい方、雑誌を買うのもありですが

私のところへサードメディスン・チェックしに来てもらっても読めます(笑)