筋膜のつながりと感覚を評価する学び

いつも考えるより足が先に前のめりのため

事後報告が多いと言われる牡羊座の私ででございますが

例にもれず、先日日曜日にここ半年ほど通いました

疼痛リハビリテーションのベーシックコースを修了いたしました(笑)

終わってようやく振り返り。

何を学んだかといいますと

筋膜の繋がりを知ることと

痛みの原因を痛みから評価すること

そして、その筋膜の繋がりを生かした筋膜リリースの仕方

 

ベーシック講座と言えども、整体師さんや理学療法士さん向けの講座になっていて

ほとんどの受講生はある程度の解剖生理学が頭に入っていて、

腸腰筋はどこか?腓骨筋はどこか?と聞かれれば

すぐに「この筋肉」と指で触れれるような人ばっかりだったので

えー腓骨筋てどこ~??とか言ってるような私はついてゆくのが大変でしたが(汗

ペアを組んでくださった方々にご教授いただきつつ、なんとか一通り学ぶことが出来ました。

ペアを組んでくださいました皆様(もしこちらを読んでくださいましたら)、改めてありがとうございました!!

で、施術をサービスとしていない私がこの講座を受講したワケは・・・

自分自身がまず長時間のデスクワークとテニスからの激しい筋肉疲労から体が張りがちになって、痛みが慢性化していたのが筋膜の調整であるロルフィングのセッションで改善されたという経験をしたのですが、体全部へのアプローチだったため、なんのアプローチが効いたのかがもやもやしていたので、そこをはっきり知りたくて

また同じ事をすればまた痛みが出るので、自分が抱えてる痛みの原因をきちんと把握して今後も適切なアプローチでセルフケアに生かしたいという思いと、

また筋膜のつながりをきちんと学べば、同じような痛みのあるお客様へのサードメディスン・チェックからのアドバイスの中に『筋膜へのアプローチ』という選択肢を増やせるのではないかという思いと、

何かしらの施術を学んでみたかったという興味が重なりまして。

ここの講座の売り文句にもなっていたのが、整体においての『評価の方法』でした。

 

自分がサービスしている嗅覚の反応を視覚化させるサードメディスン・チェックでも、『主訴』『症状』からその対処方法を導き出すのではなく

まず自分の今の状態がどうなのか?肩こりひとつにとっても

自分の体がプラスに偏っているのかマイナスに偏っているのか

それによって改善するためのアプローチが全く違うから

まずは今の状態がどうなのかをチェックするのが重要だ、ということとしつこく講座でも言っておりますが

 

この疼痛治療協会でも、痛みの原因となっている部分は痛む部分ではないということを繰り返し言っていて、

痛みの感覚をまず評価することに主眼をおいていて、評価することが根本原因をつきとめるヒントになり、そして『筋膜』においてできるアプローチはどこになるのか?という筋膜のつながりを生かしたアプローチ方法を学べる講座でした

感覚を評価する、というところにサードメディスンと大いなる共通点と魅力を感じ

いい学びとなりました。

例えば、私は右の肩甲骨周辺に慢性の痛みがあってガチガチだったのですが

ずっーと肩甲骨周辺の筋肉をアプローチをしてもなかなか痛みは治らない。

講座で評価できたのは、ここ

 ※画像はネットから拝借。

母指屈筋にごりごりのデカイ筋硬結が。

ここへのアプローチが肩甲骨の痛みにすごく効き。

筋膜のつながりとても面白いです。

臓器由来の痛み、というのもあるので

その辺になるとサードメディスンとの連携がとても役に立ちそうです。

 

講座を通して、『施術の感覚』も体験したわけですが

施術って本当に匠の技だなーと改めて感心。

講座の中に『セラピストの体作り-治療テクニックを倍増させる』という授業があったのですが、

それはまさに手の感覚を研ぎ澄ます訓練で、

あえて、高度な技である頭蓋骨の呼吸を感じるというのがあるのですが、私には全くわからず・・・・

経験を重ね、上級者になれば感じてわかるようになるそうです。

あぁ、これがすっとわかるようになるには、日々触ってないとダメだし、また少し離れれば鈍る感覚だろうなと、匠の技をキープするにはは熟練者であり現役であるべきで、プロのありがたみがよくわかりました。

そして知識はあっても実践と結果をつまねば理論は空虚なまま、ということも実感。

 

ということで、私のサードメディスン・チェックの技術も進化してまいりますよ!

学んだことは必要に応じてアウトプットしていきますね

体の痛みへの効果的なアプローチ方法のヒントにも!

サードメディスン・チェックは好きな香りの順番に並べるだけ

 

サードメディスンって何?って方はこちらから

サードメディスン・チェックとは

 

 

チェックを受けたい!って方は

サードメディスン・チェックが受けられるメニューへ

 

 

チェックを受けながら、自分のバランスを整えつつ、学んでみたい!という方は

サードメディスン入門講座の詳細へ

 

世間の動向を読む時のあなたの呼吸は?

天空では、火星が水瓶座入りしたと同時にトランプ氏の当選も決まり

牡羊座の天王星とミューチャルリセプションが出来ていて

新システム導入、テクノロジーの発達が加速しそうな星回り。

株価が動いたり、カナダの移民局が動いたり、

ニュース見たりしてるだけで、なんだか落ち着かない気分ですね

世の中が動くと、人は生き残るために無意識下で世間の空気を読もうと思って

ワケもなく、ソワソワしてしまって呼吸は浅く、うまく対応出来ないと酸欠になりがちに。

そんなあなたに、今日は心落ち着く?動画を。

わたしが最近受けている、ロルフィングの先生に教えてもらった呼吸の動画。

呼吸とても大事です。

Jessica Wolf さんの作品

“The Art of Breathing” というDVDのデモ部分の動画です

ほぼ無意識下でおこなわれている呼吸。

目で見て視覚から取り入れて少し意識するだけでも、呼吸の深さが違ってくるかもしれません。

潜在意識トレーニング!?をこの呼吸動画で試しているのですが

何より、一緒に呼吸してるとなんとなく心が落ち着く(笑

トランプ氏は双子座、きっと世の動向、空気を読むことに長けていそうですから

どんな緊迫した状態でも呼吸が浅くなることはないのかも?

 

いつも参加しているピラティスでもやっていますが、

バケツの取っ手のように広がる肋骨とそれに付随する横隔膜のあたり。

ご自分の呼吸で意識してみてくださいね

 

火星手帳とピラティスと石の上にも3年

心理占星術研究会のニコラボで手帳作りの会議をしている。

自分の能動的な活動、占星術の象徴でいう自分の中の『火星』をサポートする手帳ということで、
実際の天体の火星の運行と皆それぞれの目標の立て方、意識の仕方、を照らし合わせながらどんな状況だったか話を聞くと、なかなかうなずくものがある

何かを達成するのに、火星の2年サイクル時間を意識する


石の上にも3年と言ったりするけれど

 確かに、3年あれば何か一つ自分のものに出来そうだ 

2年で習得して、3年目は「飽き」との戦いとか、
自分の欲求から多少離れても社会の為に続けられる意思とか
さらなる深いところへ踏み出せるかどうかの1年で

螺旋階段のさらなる上に持って入る覚悟を持つ1年なのかもしれない

きっと、色んな火星があるだろう 

自分の人生の大枠に組み込んでいるような、
もう螺旋階段の中の方にいる目標もあれば

まだ予感から生まれたばかりで発動したばかりの夢のような目標もあるだろう

それでも2年という時間のサイクルを意識することで
現実の中で達成しやすい目標に変えてゆく 

膨らみすぎた大きな夢を2年という時間枠に落として、今出来ることを考える。

取るに足らないちっぽけな欲も2年という時間枠に落とせば、継続性から発展性を広げることもできるかもしれない

自分のやりたい(火星)が継続できれば社会性(木星)への架け橋となる、2年だ。 

そんな目標達成に特化した、『火星手帳』

みんなの試行錯誤がつまったものが出来上がるのがすごく楽しみ♡

私の今回の火星サイクルといえば、

2015年2月の火星牡羊座で思い立ったように始めたピラティス。

ピラティスが私の中の螺旋階段の何重目か?と問われれば、

初めてです、と嘘をつきたいところだが 

実はもう10年ぐらい前に始めてた。

自分の体型にコンプレックスもあったし
テニスをやっていても体の癖からくる慢性的な痛みがあったりで、
ずっーーーーと自分の体にダメ感を抱えているので
どうにかしたいと思いつつ、
10年前もピラティスを始めていた 

10年前はピラティスへつぎこむ気持ちも時間も中途半端だったので全然自分のものに出来なくて、効果も感じられず、ピラティスより他の事に時間を使いたくて継続できずにやめた。

また3年前にもひどい肩こりに悩まされた時に、身近にピラティスへの縁があったので始めたものの、やっぱり同じようなパターンを繰り返し、1年続かず辞めていた。

昨年の火星が牡羊座へイングレス時に、やっぱり今度こそは真面目に取り組もう!
と思いたって復活したピラティス。 

ピラティスは非常に地味。
見えない表に出ない筋群を意識できるようになって鍛えたからといって、面白くもなんともない。

だから生活の中でピラティスの優先順位を上げるのってとっても難しい。
ついつい、「他の予定がなければ、やる」項目に入ってしまい、向ける意識が中途半端になってしまうし
そもそも、姿勢なんて意識できないから悪いまんま、という基本的に難しい筋群を意識するのがピラティスである。

今回は真面目に取り組んでいるおかげで
1年半を経過し、今初めてピラティスがわかった気がしている。

わからなかった、意識できなかった筋群や自分の問題パーツがわかるようになってきた。 

その意識改革たるや。
体に気付きがあると、心にも気付きがあったりして面白い 

体と心のつながり、をよく感じることができる

今の星の運行、火星土星スクエア海王星のトランジットは自分の中でぐちゃぐちゃしていた部分をとってもクリアにしてくれた。

肉体の限界、痛みを感じながらもごまかしながらも続けてきたこと、やるせなさ、そして諦めに陥っていた自分、他に目を向けることで、向き合っていなかった自分、そういう自分にも気づかせてくれた。

そして私の火星土星、長期トレーニング計画の戦利品!?はこれ

まんまだね(笑

いつもお世話になっているピラティスの先生

BeAct 金田泰子先生のブログ

これからもよろしくおねがいします♡